売れなかったら世界がおかしい!?超自信作「ツクツクベース」爆誕。

売れなかったら世界がおかしい!?超自信作「ツクツクベース」爆誕。

DODの新製品「ツクツクベース」

タン:https://www.dod.camp/product/t8_780_tn/
カーキ:https://www.dod.camp/product/t8_780_kh/

見た目がツクツクと尖っているのと、他のテントやタープがくっ「付く」ということでこの名前です。「ツクツクボーシ」みたいな響きが可愛いですよね。
そんな「ツクツクベース」、企画者のTERAさんさん曰く「これが売れなかったら世界がおかしい」らしい超自信作。
そこまで言えるのは相当すごいテントなのだろう、ということでその魅力をTERAさんに聞いてきました。

※よく「テント」と「シェルター」や「ベース」はどう違うの?と質問いただくのですが、特に明確な定義はありません。DODではフロアがない(or取り外せる)幕を「シェルター」や「ベース」にカテゴリ分けしていることが多いです。

なんで作ったの?

画像1:前島キャンプ
↑ツクツクの初期サンプルの検証をした“あのキャンプ”。右側に写っているのは「スパイダーベース」のサンプルです。


ツジ:「ツクツクベース」、いよいよ発売ですね!
ちょうど一年前、TERAさんと初めてキャンプをしたときに泊まったテントという思い出もある製品なのでたくさんの方にお披露目できるのが楽しみです。
TERAさんはそもそもなぜこの製品を作ったんですか?

TERA:あのキャンプからもう一年かあ~、早いね。
長年「タケノコテント」を開発、そして実際に使用してきた中で、タケノコの八角形を四角形に変えたらもっと良いテントができるのでは?と気付いたんだよね。
ツジも何回かタケノコを立てたことあるよね?八角形ってキレイにペグダウンするの結構難しくない?

ツジ:難しいです。ペグダウン時にはこれでいけるか!と思っても、設営していくと調整が必要になりがちですね。

TERA:そうなんだよね。でもそれが四角形だったらスムーズにできそうじゃない?

ツジ:そうですね。私はプライベートのキャンプで「エイテント」(こちらも四角形のフロアです!)を愛用してるのですが、フロアの2つの対角を合わせるだけでパパっとキレイに張ることができています。

TERA:あと「エイテント」使ってたら分かると思うんだけど、四角形だとテント内のレイアウトもやりやすくない?
タケノコの八角形だとどうしてもデッドスペースができちゃって、もったいないなあ~と思って。

ツジ:うんうん、テーブルもマットも四角形なので何も考えずに入れても良い感じに収まります。
デッドスペースをいかに有効活用するか、フィットするギアはないか、ってのを考えるのもまた楽しかったりしますけどね。

TERA:僕は面倒くさがりだからやっぱラクなのを第一に考えちゃうんだよね。
で、個人的に「今一番家族で使いたいシェルターテント」な四角形のタケノコ、「ツクツクベース」が生まれたわけ。

ツジ:「タケノコテント」のコンセプトは「大きなワンルーム」。
そういえばワンルームスタイルのだらだらできる感じが好きって以前おっしゃってましたもんね。

TERA:そうそう。実際本当に良いテントが出来上がったからプライベートのファミリーキャンプはしばらくこれでいくつもりです。

画像2

DODの製品は、こんな風にスタッフが実際にキャンプをしていて、自分が欲しいなあ~と思ったものをカタチにしたものが多いです。
細か~~い細部の使い勝手にもこだわっていたり、よく「かゆいところに手が届く製品!」と褒めてもらえるのにも納得ですね!

なんでこんなにツクツクしてるの?

画像3:ツクツク尖がり

ツジ:ところで「ツクツクベース」はなんでこんなにツクツク尖ってるんですか?

TERA:さっきも言ったように「ツクツクベース」のルーツは四角形の「タケノコテント」。
タケノコと同じようなワンポール構造で同じ広さの内部構造を四角形で実現しようと思うとサイドポールで壁を高くする必要があるんだよね。
で、ちょうど良いポールの高さを見つけて四面にツクツク立ててみたら全体的にツクツクした形になったの。

ツジ:内部空間の広さを確保するためのツクツクなんですね。 ただただ変な形にしたくて、とかじゃなくて良かった(笑)
たしかに壁が高くて、フルクローズしてもテント特有の圧迫感がなかったし、ドアがガバっと大きく開くのでオープンスタイルの開放感もすごかったです。

TERA:ツクツク尖っていておもしろいからって理由で買ってもらうのも大歓迎だけどね。
Stay crazy」のDODコンセプトのトガったイメージにも合ってるし。

ツジ:キャンプ場でもひと際注目を集めそうですね。
でも複雑そうな見た目の割に開発は意外とスムーズに進んだのだとか…?

TERA:構造自体はメインポール+サイドポール4本、と超シンプルだからね。
それゆえにこれだけの広さ・大きさながら簡単設営を実現できています。

ワンルームにも2LDKにも

画像4:エイツクヒレ

ツジ:ここまでお話お伺いしてきた感じだと、「ツクツクベース」って単体でも十分使えるテントですよね。
ここにさらにテントやタープがくっ付く機能があるってやばくないですか。

TERA:相当やばいと思うよ。だから売れなかったらおかしい。

ツジ:なるほど、自信はここからきてるんですね。

ヒレツクスタイル=(ヒレ:オープンなリビング)+(ツクツク:大きな寝室)
エイツクスタイル=(エイ:寝室)+(ツクツク:クローズ可能なリビング)
エイツクヒレスタイル=(エイ:寝室)+(ツクツク:クローズ可能なリビング)+(ヒレ:オープンなリビング)

というように拡張できるとのことですが、イメージしただけでワクワクしちゃいますね。
普段「エイテント」に「ヒレタープ」をくっ付ける「エイヒレスタイル」で大満足してたのに、その「エイテント」までもがくっ付くテントになっちゃうってめっちゃ贅沢。

TERA:エイツクヒレなんてもう立派な2LDKだしね。

ツジ:もはや家ですね。居心地良すぎて急遽連泊に変更するキャンパーを増やしてしまいそうです。
そういえば、ワンルームになったり、でっかい寝室になったり、オープン/クローズの調整可能なリビングになったり…と状況に応じて様々に姿を変えられるから「カメレオンテント」なんてのも名前の候補にありましたよね。

TERA:たしかにその万能さが素晴らしいテントなんだけど、カメレオンなんて言ってたっけなあ。

ツジ:一年前のキャンプで説明してくださったじゃないですか(笑)
めっちゃ緊張しながら聞いてたのめっちゃ覚えてます(笑)

抽選受付は3月18日から!!

画像5:李さんのぞきこみ

企画者が「売れなかったら世界がおかしい」と自負する「ツクツクベース」のスゴさ、伝わりましたでしょうか。
ちなみにTERAさんは「カマボコテント」や「タケノコテント」など数々の人気大型製品を手がけてきたスゴイ人です。
そのTERAさんの大自信作ということで、これはもう大ヒット間違いナシなのでは…?
気になる発売は2021年3月18日(木)から!DOD STOREにて抽選販売のご応募受付を開始します。
気合いの入りようが伝わってくる、見ごたえたっぷりの製品ページ(おそらくDOD史上最もボリューミーな内容です!)も隅々までご確認のうえご購入のご検討をいただけますと嬉しいです!!