販売中

TSUKU-TSUKU BASE

ツクツクベース

T8-780-TN

1ルーム・リビング・寝室。
テントやタープと「くっつく」から何にでもなれる万能シェルター。

ツクツクベース(タン) T8-780-TN

あるときは単体で設営して大きな1ルームテント。
あるときはエイテントと接続して、大きなシェルターリビング。
また、あるときはオープンタープと接続して、大きな寝室スペース。

「くっつく」から何でもなれる。
シチェーションに応じて、一張でいろいろな役割を果たす万能シェルター。

バリエーション

カラー

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

ワンルームスタイルでも十分な内部空間 

サイドに202cmのポールを入れているため、端の方でも高さがあり圧迫感を感じることなく過ごすことができます。リビングと寝室を兼ねたワンルームスタイルでも十分な約4×4mの広さです。

 ツクツクベースのメインの特徴(ワンルームスタイルでも十分な内部空間 )

 ツクツクベースのメインの特徴()

季節を問わず快適なオールシーズン仕様

屋根部分に厚みのあるポリコットンを使用しているため影が濃く、4面全てのドアがメッシュになることで風も吹き抜けるため、暑い時期でもテント内の熱気を逃しやすい構造となっています。また、フロアを付けた状態であれば地面からの冷えを軽減できるため、寒い時期も快適に過ごしやすい仕様です。

 ツクツクベースのメインの特徴(季節を問わず快適なオールシーズン仕様)

どこからでも出入りできる4ドア構造 

4面全てに同じドアが付いており、どこからでも出入りができます。また、全ての窓をメッシュにすればスクリーンタープ、全ての窓をオープンにすればオープンタープのような開放感が得られます。

 ツクツクベースのメインの特徴(どこからでも出入りできる4ドア構造 )

正方形で建てやすい 

六角形や八角形と異なり、正方形のフロア形状のため、直感的にペグダウン位置が分かりやすくなっています。大型のシェルターテントながら、建てやすい構造です。

 ツクツクベースのメインの特徴(正方形で建てやすい )

土間スペースは自由に調整可能 

フロア生地は取り外すことができ、土間スペースの大きさを調整可能です。靴置きスペースだけを土間にすることや、半分だけ土間、全てフロアレスにすることもできます。

 ツクツクベースのメインの特徴(土間スペースは自由に調整可能 )

結露を軽減するポリコットン生地

屋根部分の生地には透湿性のあるポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡生地)を使用することで、テント内の結露を軽減させています。透湿性や難燃性に優れたポリコットンですが、重量が重い、濡れたときの扱いが化学繊維に比べると困難というデメリットもあるため、壁部分(垂直方向)の生地にはポリエステル生地を使用し、軽量化しています。

 ツクツクベースのメインの特徴(結露を軽減するポリコットン生地)

エイテントやタープテントと「くっつく」

サイドポールの接続したいテントのグロメットを引っかけることで、エイテントやタープテントをくっ付けることが可能です。

 ツクツクベースのメインの特徴(エイテントやタープテントと「くっつく」)

ヒレタープと接続してヒレツクスタイル

ヒレタープと接続することで、「ツクツクベース:大きな寝室スペース」「ヒレタープ:オープンなリビングスペース」として使用できます。他のオープンタープでも同じような使い方は可能ですが、ヒレタープの接続面は雨の入り込みを防ぐV字形状になっているため、より快適な空間を作り出します。

 ツクツクベースのメインの特徴(ヒレタープと接続してヒレツクスタイル)

エイテントと接続してエイツクスタイル

エイテントと接続することで、「ツクツクベース:クローズ可能なリビングスペース」「エイテント:寝室スペース」として使用できます。ヒレツクスタイルと比べて、より安心感のあるスタイルです。
※エイテントを2つ対角に付けることは可能ですが、ロープの位置の問題で隣り合った面に2つ張ることはできません。

 ツクツクベースのメインの特徴(エイテントと接続してエイツクスタイル)

大人数や連泊のキャンプにおすすめ。エイツクヒレスタイル

「エイテント:寝室スペース」「ツクツクベース:クローズ可能なリビングスペース」「ヒレタープ:オープンなリビングスペース」という贅沢な使い方ができます。大人数や連泊のキャンプにおすすめです。

 ツクツクベースのメインの特徴(大人数や連泊のキャンプにおすすめ。エイツクヒレスタイル)

一般的なタープテントと接続可能

DOD製品ではチーズタープM以外のオープンタープであれば接続可能です。画像では「いつかのタープ」と接続しています。
※テンションがきつくなりすぎるため、引っ張る生地の長さが420cmを超えるタープテントは接続しないでください。

 ツクツクベースのメインの特徴(一般的なタープテントと接続可能)

カンガルースタイルしやすい

正方形のフロア形状のため、シェルター内に寝室用テントを入れるカンガルースタイルがしやすくなっています。


 ツクツクベースのメインの特徴(カンガルースタイルしやすい)

耐風テスト動画

信頼性の高い試験機関で、風速基準7等級程度(13.9~17.1m/s)の風を当てる試験を行っています。大型テントながら通常のオートキャンプに求められる耐風性を十分に備えています。
※実際に風が強い場合など、安全上のリスクが想定されるような環境下では使用しないでください。
※風がある場合は、テントが破損する前にペグが抜ける可能性が高いため、30cm以上のペグ使用をおすすめします。

Function 製品特徴

主な特徴

 ツクツクベースの主な特徴

各部の特徴

 ツクツクベースの各部の特徴(8×8mの区画サイトに収まる設営面積)

8×8mの区画サイトに収まる設営面積

サイドポールを入れることにより、外側のペグをテントの近くに打つことができるため、最小で6×6mの大きさがあれば建てることができます。8×8mの区画サイトであれば、ツクツクベースと車1~2台を入れることが可能です。
※ロープの打つ位置や車の大きさによっては8×8mの区画サイトに収まらない場合もあります。

 ツクツクベースの各部の特徴(内側から開閉可能なトップベンチレーター)

内側から開閉可能なトップベンチレーター

テント内のロープを引っ張ることによって、テント頂点部分のベンチレーターを開閉可能です。頂点部分を開閉することで、効率的に熱を逃がすことができます。

 ツクツクベースの各部の特徴(ドア上部のベンチレーター)

ドア上部のベンチレーター

4面のドアの上部分にもベンチレーターを配置しています。

 ツクツクベースの各部の特徴(大型ポケット)

大型ポケット

テント内部の4ヶ所にメッシュポケットを配置しています。テントや寝袋の収納袋などを収納することで、テント内をスマートに見せることができます。

 ツクツクベースの各部の特徴(ランタンフック)

ランタンフック

メインポールの中間部分とドアの上部分4ヶ所にランタンフックを配置しています。

 ツクツクベースの各部の特徴(高強度フロア生地)

高強度フロア生地

テントフロア生地に300D(デニール)オックスフォードポリエステル素材を使用しており、耐久性に優れます。耐水圧も最高クラスの5000mmで、水の染み込みを防ぎます。
※地面の凸凹や濡れ具合などによっては、フロアの破損や浸水する場合もありますので、別売りの専用グランドシートの併用をおすすめします。

 ツクツクベースの各部の特徴(UPF50+のUVカット加工)

UPF50+のUVカット加工

テントの生地にはUVカット加工を施しています。人体やキャンプ道具の日焼け防止に役立ちます。

 ツクツクベースの各部の特徴(設営ガイドベルト)

設営ガイドベルト

フロアが付いてない状態でもキレイな四角形にペグダウンできるように、テント底面にガイドベルトを付けています。各辺を引っ張ってペグダウンするだけで、きれいな四角形に設営できます。設営後は足を引っかけないように、ガイドベルトを専用ポケットに収納可能です。

 ツクツクベースの各部の特徴(5mmロープ&三角自在)

5mmロープ&三角自在

大きな設営サイズに合わせて、太めの5mmロープを使用しています。また、ロープが緩みにくい三角形の自在を採用しています。

 ツクツクベースの各部の特徴(専用コンプレッションバッグ)

専用コンプレッションバッグ

初心者でも収納しやすいように大きめの収納バッグを付属しています。コンプレッション機能があるため、収納は簡単で、収納サイズを小さく収めることができます。

How to use 使い方

組立/設営方法

※ロープの色が白のサンプルを使用しております。

 ツクツクベースの組立/設営方法

1. テント生地を地面に広げます。フロア生地開閉の起点側のみ、中心のループが赤色になっています。

 ツクツクベースの組立/設営方法

2. フロアの四隅を正方形になるように引っ張って、ペグダウンします。※ペグは付属しないため、別途用意してください。

 ツクツクベースの組立/設営方法

3. サイドポール四本を組み立てます。

 ツクツクベースの組立/設営方法

4. テント四辺の真ん中にサイドポールを置いて、サイドポールの延長線上の45度くらいの場所にペグを2本ずつ打ちます。四辺全てに対して同じようにペグダウンしてください。ロープを引っ掛けることができるように最後までは打ち込まないください。

 ツクツクベースの組立/設営方法

5. 付属のロープ(自在金具が2つ付いているロープ)の自在金具側を4.のペグに引っ掛けます。四辺全てに対して同じように引っ掛けてください。

 ツクツクベースの組立/設営方法

6. サイドポール四本の先端を各辺の屋根真ん中に付いている金具に差し込みます。

 ツクツクベースの組立/設営方法

7. 差し込んだサイドポール先端に、5.のロープの真ん中に作られているループを引っ掛けます。

 ツクツクベースの組立/設営方法

8. 四本のサイドポールを全て立ち上げます。

 ツクツクベースの組立/設営方法

9. ポールの上側が若干外側に開くように、ロープのテンションを自在金具を使って調整します。

 ツクツクベースの組立/設営方法

10. メインポールを組み立てます。

 ツクツクベースの組立/設営方法

11. メインポールをテント内の頂点に挿入します。

 ツクツクベースの組立/設営方法

12. テント屋根の四隅にロープ(自在金具が1つしかないロープ)を結び、外側に2歩くらいの場所にペグダウンします。

 ツクツクベースの組立/設営方法

13. 形が整うようにロープのテンションや位置を調整します。

 ツクツクベースの組立/設営方法

14. 必要に応じて、フロアの中間地点にあるループにもペグを打ってください。

ヒレタープの接続方法

ツクツクベースヒレタープの接続方法画像

1. ツクツクベースを設営した後、ヒレタープを接続したい辺のサイドポール先端にヒレタープV字側真ん中のグロメットを差し込みます。

ツクツクベースヒレタープの接続方法画像

2. 1の対角線上にあるグロメットにヒレタープのメインポールを挿入し、ロープを2本ペグダウンして固定します。

ツクツクベースヒレタープの接続方法画像

3. ヒレタープがピンとなるように、ロープのテンションを自在金具を使って調整します。

ツクツクベースヒレタープの接続方法画像

4. 横側の辺の真ん中にヒレタープのサイドポールを挿入し、ロープを1本ペグダウンします。

ツクツクベースヒレタープの接続方法画像

5. 残りの四隅をロープでペグダウンして完成です。ツクツクベース側に付いていたロープは取り外すことが可能です。

エイテントの接続方法

ツクツクベースエイテントの接続方法画像

1. ツクツクベースを設営後、エイテントを接続したい辺のサイドポールを一旦外します。

ツクツクベースエイテントの接続方法画像

2. 1.で外れたロープは2股状態から自在金具1つの長いロープに結び直します。そのロープをグロメットの近くにあるループに結びます。

ツクツクベースエイテントの接続方法画像

3. ロープは辺の延長線上の遠い場所に、仮でペグダウンしておきます。

ツクツクベースエイテントの接続方法画像

4. 一旦外したサイドポールの先端をエイテントのメインポール用グロメット、ツクツクベースのグロメット(内側)に挿入します。

ツクツクベースエイテントの接続方法画像

5. エイテント接続面のフロアを2ヶ所ペグダウンします。ツクツクベースに対して並行になるようにしてください。

ツクツクベースエイテントの接続方法画像

6. エイテントの接続面とは反対側のフロアもペグダウンします。

ツクツクベースエイテントの接続方法画像

7. エイテントの接続面とは反対側のメインポールを挿入して、ペグダウンします。

ツクツクベースエイテントの接続方法画像

8. エイテントの屋根がピンとなるように自在金具でロープのテンションを調整します。

ツクツクベースエイテントの接続方法画像

9. 3.で仮打ちしていたロープを外して、エイテントのメインポール頂点に巻きつけてから、7.のペグに引っ掛けます。

ツクツクベースエイテントの接続方法画像

10. エイテントのサイドポールを組み立て、通常の設営方法と同じようにロープでペグダウンします。

Photo 画像

Spec スペック

製品サイズ

 ツクツクベースのサイズ画像

スペック

カラー タン
DOD STORE価格
(消費税/送料込)
93,500円
組立サイズ(外寸) (約)W520×D520×H300cm
インナーサイズ (約)W400×D400cm ※フロアサイズ
収納サイズ (約)W80×D35×H35cm
重量(付属品含む) (約)22.5kg
材質 テント屋根部分:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%、UVカット加工)
テント壁部分:150Dポリエステル(PUコーティング、UVカット加工)
フロア:300Dポリエステル(PUコーティング)
ポール:スチール
最低耐水圧 テント屋根部分:350mm 
テント壁部分:3000mm
フロア:5000mm
UVカット UPF50+
セット内容 テント生地、メインポール、サイドポール×4本、ロープ(長)×4本、ロープ(短)×4本、キャリーバッグ、ポール収納袋、ロープ収納袋、タイベルト×2本
JANCODE 4589946146127
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合がありますのでご了承ください。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差がございます。
  • 掲載写真はできる限り実物の色味に近づくように加工・調整しておりますが、
    お客様がお使いのモニターの設定や天候・照明の当たり具合などにより、実物の色味と異なって見えることがございます。
  • テント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。
  • 本製品に使用されているポリコットン生地は、その特性を活かすため防水コーティングを施しておりません。 そのため張り方が弱いときや、濡れ方によっては内部に浸水する場合があります。 また、濡れたまま保管をすると化学繊維に比べてカビが生じやすいためご注意ください。
  • 本製品は設営に強度の高いペグが必要となり、ペグを付属させると既にペグを持っている方に余分なコストがかかってしまうため、ペグを付属していません。ロープ固定用の長いペグ(30cm以上の鍛造ペグ推奨)✕12本、テント底部固定用のペグ✕8本を別途ご準備ください。

バリエーション

カラー

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。