NEW
販売中

EI TENT

エイテント

T5-668-TN

クラシックな外観と機能性を両立させた家型テント。ヒレタープと接続して、快適なエイヒレスタイルも可能。

エイテント(タン)

クラシックなA型構造をベースに、日本のキャンプシーンに特化した寝室用テントを作りました。
2本のメインポールに加えて4本のサイドポールを使用することで、少ない面積でも設営することができ、壁部分の生地が高いため、圧迫感も感じにくい構造です。ポリコットン生地とポリエステル生地の使い分けやアルミ合金ポールを使用することなどによって、クラシックな外観と高い機能性を両立させた、ニュークラシックテントです。

バリエーション

カラー

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

クラシックな家型シルエット

クラシックなA型テントをベースとした構造で、懐かしい印象を与える家のような形です。アルミ合金やポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡生地)など、現代の技術を使用することで、機能性とクラシックな外観を両立しています。

 エイテントのメインの特徴(クラシックな家型シルエット)

結露を防ぐポリコットン生地

屋根部分の生地には透湿性のあるポリコットンを使用することで、テント内の結露を軽減させています。透湿性や難燃性に優れたポリコットンですが、重量が重い、濡れたときの扱いが科学繊維に比べると困難というデメリットもあるため、壁部分(垂直方向)の生地にはポリエステル生地を使用し、軽量化しています。

 エイテントのメインの特徴(結露を防ぐポリコットン生地)

夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン仕様

全方向に大型のメッシュ窓を配置し、全開すればほぼ360度風が吹き抜けます。屋根部分に厚みのあるポリコットンを使用しているため、テント内には濃い影もでき、夏場はテント内で涼しく過ごすことができます。
また、壁部分とフロア生地のすき間がない構造のため、メッシュ窓を全て閉めれば風の侵入をシャットアウトすることができ、冬場は暖かく過ごすことができます。

 エイテントのメインの特徴(夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン仕様)

サイドポール構造による省スペース設営

サイドポールを入れることにより、外側のペグをテントの近くに打つことができるため、最小で6×6m程度の大きさがあれば建てることができます。
また、横の壁をほぼ垂直に設計しているため、同等面積のテントに比べて、中で感じる圧迫感を少なくしています。寝室としてだけでなく、リビングとしての使用もおすすめです。

 エイテントのメインの特徴(サイドポール構造による省スペース設営)

シンプルな設営方法

四角形のフロアの四隅をペグダウンしてから、6本のポールをロープでペグダウンするだけのシンプルな構造です。

 エイテントのメインの特徴(シンプルな設営方法)

快適なリビング空間を作り出すエイヒレスタイル

ヒレタープと接続することで、快適なリビング空間を作り出すことができます。ヒレタープとの接続時でも、ロープ位置含めて10mほどの長さがあれば設営可能です。

 エイテントのメインの特徴(快適なリビング空間を作り出すエイヒレスタイル)

耐風動画

信頼性の高い試験機関で、風速基準7等級程度(13.9~17.1m/s)の風を当てる試験を行っています。シンプルな構造ながら通常のオートキャンプに求められる耐風性を十分に備えています。
※台風など、安全上のリスクが想定されるような環境では使用しないでください。
※テントが破損する前にペグが抜ける可能性が高いため、強風時は30cm以上のペグ使用をおすすめします。

Function 製品特徴

主な特徴

 エイテントの主な特徴

各部の特徴

 エイテントの各部の特徴(出入りがしやすい2ドア仕様)

出入りがしやすい2ドア仕様

テントの前後がドアになっています。どちらからも出入りが可能です

 エイテントの各部の特徴(開閉可能なベンチレーター)

開閉可能なベンチレーター

テント上部のベンチレーターは開閉が可能なため、温度などに応じて調整することができます。

 エイテントの各部の特徴(折りたたみ可能な庇生地)

折りたたみ可能な庇生地

庇部分の生地はヒレタープとの接続時に不要になるため、折りたためるようになっています。
※前後ドアの前側だけが折りたためるようになっているため、ヒレタープとの接続時には前側をタープ側にしてください。庇部分が折りたためるようになっている点以外は、前後の構造は同じです。

 エイテントの各部の特徴(ランタンフック)

ランタンフック

頂点部分の裏側2ヶ所にランタンフックが付いています

 エイテントの各部の特徴(高強度フロア生地)

高強度フロア生地

テントフロア生地に使われる素材としては、最高級クラスの300D(デニール)オックスフォードポリエステル素材を使用しており、耐久性に優れます。耐水圧も最高クラスの5000mmで、水の染み込みを防ぎます。
※地面の凸凹や濡れ具合などによっては、フロアの破損や浸水する場合もありますので、別売りのグランドシート の併用をおすすめします。

 エイテントの各部の特徴(Yunan社製アルミ合金製ポール)

Yunan社製アルミ合金製ポール

強度と軽量性を両立するため、アルミ合金をポール素材に使用しています。信頼性の高い、韓国Yunan社製のポールです。

 エイテントの各部の特徴(カマボコテント用マットシートセットを使用可能)

カマボコテント用マットシートセットを使用可能

カマボコテント2とほぼ同じフロアサイズのため、カマボコテント用マットシートセットが使用可能です。
※エイテントのフロアはカマボコテント2よりも20cmほど奥行きが長いため、若干マットシートセットの方が小さくなります。

 エイテントの各部の特徴(専用コンプレッションバッグ)

専用コンプレッションバッグ

初心者でも収納しやすいように大きめの収納バッグを付属しています。コンプレッション機能があるため、収納は簡単で、収納サイズを小さく収めることができます。

 エイテントの各部の特徴(スチールペグ)

スチールペグ

強度の高いスチールペグが付属します。

How to use 使い方

組立/設営方法

 エイテントの組立/設営方法

1.テントを広げてから、フロアの四隅を伸ばして、四隅のループにペグを打ち込みます。

 エイテントの組立/設営方法

2.ドアの中心部分の屋根に取り付けてあるロープ(長)2本を1.5m程度離れた場所でペグダウンします。

 エイテントの組立/設営方法

3.ポール(長)を組み立てます。

 エイテントの組立/設営方法

4.ポールの先端が長い方を2のロープ取り付け位置のグロメットへ、ポールの先端が短い方をフロア部分のグロメットへ差し込みます。フロアの方は面ファスナーでポールを固定してください。

 エイテントの組立/設営方法

5.テントの頂点部分がピンと張るようにロープの長さを自在金具を使って調整します。

 エイテントの組立/設営方法

6.ポール(短)を4本組み立てます。

 エイテントの組立/設営方法

7.テント四隅の屋根部分とフロア部分にあるグロメットに差し込みます。ポールの突起部分の長い方が上になります。

 エイテントの組立/設営方法

8.7でポールを差し込んだ場所のロープを、テント中心から対角線上に1.5m程度の場所でペグダウンします。テントの屋根がきれいな形になるようにロープの張り具合を自在金具で調整します。

 エイテントの組立/設営方法

9.風の強さなど、必要に応じて、屋根・フロア部分の各辺中心部分にあるループもペグダウンしてください。

Photo 画像

Spec スペック

製品サイズ

 エイテントのサイズ画像

スペック

カラー タン
希望小売価格 オープンプライス
組立サイズ(外寸) (約)W310×D340×H202cm
インナーサイズ (約)W275×D240cm ※フロアサイズ
収納サイズ (約)W60×D28×H28cm
重量(付属品含む) (約)11.2kg
収容可能人数 大人5名
最低耐水圧 テント屋根部分:350mm
テント壁部分:2000mm
フロア:5000mm
材質 テント屋根部分:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
テント壁部分:150Dポリエステル (PUコーティング)
フロア:300Dポリエステル (PUコーティング)
ポール:アルミ合金
付属品 キャリーバッグ、ロープ✕8本(テントに取り付け済)、ペグ✕14本
JANCODE 4589946143065
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • テント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。
  • 本製品に使用されているポリコットン生地は、防水コーティングされたポリエステル生地などとは異なり、水分を吸収した際に綿素材が膨張し、雨漏りを防ぐ構造です。そのため、張り方が弱いときや、長時間の雨に濡れた際には内部に雨漏りする場合があります。また、濡れたまま保管をすると科学繊維に比べてカビが生じやすいためご注意ください。

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

バリエーション

カラー

RECOMMENDED PRODUCTS おすすめ製品