販売中

KAMABOKO TENT 3(L)

カマボコテント3L

T7-690-KH

最大サイズのカマボコテント。約15畳のゆとりのあるスペースで、より自由度の高いキャンプを実現。

カマボコテント3L(カーキ) T7-690-KH

日本ならではの気候やキャンプサイトの大きさに合わせて設計された、オールシーズン対応の2ルーム型トンネルテントです。カマボコテント3LはMサイズの約1.5倍の面積となる大型サイズで、グループキャンプに活躍するのはもちろん、ファミリーキャンプで使用すると、グランピングのようなゆとりのあるキャンプが実現できます。

バリエーション

カラー
サイズ

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

カマボコテント3の販売についてのお知らせ


次回販売予定:2021年5月頃
※生産の都合により、2020年10月の販売はございません。
※スケジュールや納期は予告なく変更になる可能性がございます。

リビング&寝室が一体型の2ルーム構造

通常の1ルームテントでは、テントは寝るためのスペースとして使用し、日射しや雨を避けるためのタープテントを別途設営する必要があります。しかし、カマボコテントは2ルームのトンネルテント構造のため、1つテントを建てるだけで寝室もリビングも完成します。余った時間を料理や遊びに使うことができます。
※Lサイズのみ、インナーテントは付属ではなく別売りとなります。

 カマボコテント3Lのメインの特徴(リビング&寝室が一体型の2ルーム構造)

約15畳の超大型サイズ

カマボコテント3Mの約1.5倍の面積を備えています。グループキャンプに活躍するのはもちろん、ファミリーキャンプで使用すると、グランピングのようなゆとりのあるキャンプが実現できます。

 カマボコテント3Lのメインの特徴(約15畳の超大型サイズ)

夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン仕様

カマボコテント3より、全部のパネルをメッシュにできるようになり、夏場はスクリーンタープのように使用することができます。冬はテント生地の下から風が入り込むのを防ぐスカート付きのため、暖かく過ごすことができます。
※スカート付きのため全てのドアをクローズすると空気がテント内にこもりやすくなります。その場合、特に雨天時には結露が発生しやすいため、定期的にベンチレーターを開けて換気を行ってください。

 カマボコテント3Lのメインの特徴(夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン仕様)

10×10m区画に入る効率的形状

超大型面積を備えたカマボコテント3Lですが、長方形に近い効率的な形状のため、最小で5×9m程度の幅があれば設営可能です。10×10mの区画であれば、カマボコテント3Lとミニバン一台が入ります。

 カマボコテント3Lのメインの特徴(10×10m区画に入る効率的形状)

効率的なベンチレーター構造

旧モデルのベンチレーター構造を見直し、テント下部から入った空気を効率的にテント天井部から排出できるようにしました。

 カマボコテント3Lのメインの特徴(効率的なベンチレーター構造)

DACポール

カマボコテント3より、信頼性の高いDAC社のポールを採用しています。

 カマボコテント3Lのメインの特徴(DACポール)

充実したオプションパーツ

結露を軽減するカマボコシールド、お座敷スタイルを実現するカマザシキ、プロジェクターで映画を見ることのできるカマボコシアターなど、旧モデル以上にオプションパーツを充実させました。様々なシチュエーションでよりワクワクするキャンプができます。
※画像は別サイズのものを使用しているため、Lサイズ用のカマボコシアターは形状が異なります。

 カマボコテント3Lのメインの特徴(充実したオプションパーツ)

耐風テスト動画

信頼性の高い試験機関で、風速基準7等級程度(13.9~17.1m/s)の風を当てる試験を行っています。シンプルなトンネルテント構造ながら通常のオートキャンプに求められる耐風性を十分に備えています。
※台風など、安全上のリスクが想定されるような環境では使用しないでください。
※テントが破損する前にペグが抜ける可能性が高いため、強風時は30cm以上のペグ使用をおすすめします。

Function 製品特徴

主な特徴

 カマボコテント3Lの主な特徴

各部の特徴

 カマボコテント3Lの各部の特徴(強度を高めるランマ構造)

強度を高めるランマ構造

ポールの内側に生地を縫い付けることで、内側からのテンションを保持して強度を高めています。メッシュ生地を使用しているため、テント内部の通気性も確保しています。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(遮光性・耐久性の高い150D生地)

遮光性・耐久性の高い150D生地

150D(デニール)の厚みのある生地を使用しているため、75Dなどの薄い生地と比べて遮光性や耐久性に優れています。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(ダブルファスナー)

ダブルファスナー

両端ドア部分2ヶ所の開閉にダブルファスナーを採用。ドアの上部分だけを開くことができるため、タープポールを入れて、タープテントの位置を調整することができます。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(迷わないシンプル設計)

迷わないシンプル設計

4本のスリーブにポールを入れてペグダウンするだけのシンプルなトンネルテント構造です。4本のポールは全て同じ長さなので、入れるスリーブを迷うこともありま

 カマボコテント3Lの各部の特徴(コンパクト収納)

コンパクト収納

シンプルなトンネルテント構造にすることで、一人で運ぶことのできるパッキングサイズに抑えています。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(テント内を立って歩ける高い天井)

テント内を立って歩ける高い天井

リビングスペースから寝室スペースまで、トンネル形状の頂点部は一定の高さを確保しているため、ストレスなく移動することができます

 カマボコテント3Lの各部の特徴(日射しや雨を遮るハーフウィンドウ)

日射しや雨を遮るハーフウィンドウ

ドア部分4ヶ所は半分だけ閉めることができます。蒸し暑い真夏のキャンプでの雨天時など、風は通しつつも日射しや雨を遮りたいときに役立ちます。旧モデルからの改良点で閉め方を2段階で調節できるようになりました。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(日陰面積を広げるキャノピードア)

日陰面積を広げるキャノピードア

ドア部分4ヶ所はポールを立ててタープスペースとして使用可能です。日陰の面積を広げることができます。
※キャノピー用のポール・ロープは別売りです。写真は ビッグタープポール(XP5-507K) を使用しています。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(吊り下げ式インナーテント)

吊り下げ式インナーテント

インナーテント(寝室部分)はアウターテントに吊り下げる構造のため、フックを取り付けていればアウターテントと同時に設営を行うことができます。
※Lサイズのみ、インナーテントは付属ではなく別売りとなります。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(インナーテントを2つ付けて最大14人就寝可能)

インナーテントを2つ付けて最大14人就寝可能

別売のインナーテントを2つ吊り下げることにより、最大14人程度が就寝可能です。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(大型スクリーンタープ)

大型スクリーンタープ

インナーテントを取り外せば、全ての部分がフロア無しの大型スクリーンタープとして使用できます。コットなどを使用して就寝することも可能です。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(スカート)

スカート

スカート生地が付いており、冬場にテント生地の下から風が入り込むことを軽減します。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(UVカット加工)

UVカット加工

テントの生地にはUPF50+のUVカット加工を施しています。人体やキャンプ道具の日焼け防止に役立ちます。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(耐水圧3000mm)

耐水圧3000mm

荒天時に備え、耐水圧3000mmの生地を採用しています。DODではテント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(専用コンプレッションバッグ)

専用コンプレッションバッグ

初心者でも収納しやすいように大きめの収納バッグを付属しています。コンプレッション機能があるため、収納は楽に行なえますが、収納サイズを小さく収めることができます。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(リペアポール付属)

リペアポール付属

万が一、ポールが破損したときに応急処置するためのパーツが付属します。破損箇所にテープなどで固定して使用してください。

 カマボコテント3Lの各部の特徴(テントリペアシート付属)

テントリペアシート付属

テントに穴が空いたり、破けたときのための補修用シートが付属します。

How to use 使い方

組立/設営方法動画

※動画ではカマボコテント3M T5-689-KHを使用しています。

組立/設営方法

※Lサイズのみ、ペグは付属しません。別途ご準備ください(必要数:28本)

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

1.アウターテントを広げます。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

2.ポールを組み立てます。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

3.各ポールスリーブに組み立てたポールを差し込みます。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

※ポールをスリーブに通す際は引っ張らず、押し入れてください。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

4.ポール固定用グロメット付近にあるアジャスターをゆるめてください。アジャスターをゆるめることで、ポール固定が容易になります。
※アジャスターはテントの片側にだけ取り付けられています。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

5.片方のポール先端をグロメットに挿し込みます。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

6.続いてポールを少しずつ曲げながら、反対側のポール先端をグロメットに挿入してください。4本のポールに同じ作業を繰り返します。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

7.この時点で4本のアーチが地面に寝ている状態になります。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

8.テント終端のペグループにペグを打ち込みます。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

9.寝た状態のテントフレーム部分を引っ張りながら順に起こし、テントを立たせます。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

10.テント本体の下部にあるループにペグを打ち込みテントを固定します。8番の工程でペグを打ち込んだ部分から反対側のループ側から固定するとスムーズです。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

11.ポールスリーブに付いているロープをペグで固定してください。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

12.インナーテントの赤いフックをカマボコテントの赤いリングに引っ掛けます。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

13.インナーテントに付属する残りの黒いフックをカマボコテントに引っ掛けて固定します。

 カマボコテント3Lの組立/設営方法

※吊り下げるのがきつい場合は、テント外側のロープをゆるめて調整してください。

Photo 画像

カマボコテント3Lの製品画像

※インナーテントは付属しません。

カマボコテント3Lの製品画像

※インナーテントは付属しません。

Spec スペック

製品サイズ

 カマボコテント3Lのサイズ画像

スペック

カラー カーキ
希望小売価格 オープンプライス
組立サイズ(外寸) (約)W380×D760×H218cm
収納サイズ (約)W76×D38×H32cm
重量(付属品含む) (約)19.9kg
収容可能人数 大人7名(※別売りインナーテントを1つ取り付けた場合の寝室スペース)
材質 アウターテント:150Dポリエステル(PUコーティング、UVカット加工)
フレーム:アルミ合金
最低耐水圧 3000mm
付属品 キャリーバッグ、テントリペアシート、リペアポール、ロープ✕16本
JANCODE 4589946143911
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合がありますのでご了承ください。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差がございます。
  • 掲載写真はできる限り実物の色味に近づくように加工・調整しておりますが、
    お客様がお使いのモニターの設定や天候・照明の当たり具合などにより、実物の色味と異なって見えることがございます。
  • テント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。
  • Lサイズのみ、インナーテントは付属ではなく別売りとなります。
  • Lサイズのみ、ペグは付属しません。別途ご準備ください(必要数:28本)
  • 風の吹き込みを防ぐスカート生地と大きなリビングスペースを備えるため、特に雨天時にはリビングスペースの地面から上がる湿気の逃げ場がなくなり、結露しやすい構造となっています。一部の窓を開放しておくことや定期的に換気を行うことで、結露を軽減していただくようにおすすめしております。

バリエーション

カラー
サイズ

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

カマボコテント3の販売についてのお知らせ


次回販売予定:2021年5月頃
※生産の都合により、2020年10月の販売はございません。
※スケジュールや納期は予告なく変更になる可能性がございます。