販売中

CHIMAKI TENT

チマキテント

T2-656-TN

「寝室は別々、リビングは一緒」なシェアハウススタイルを実現。タープテントに吊り下げて使用する寝室用テント。

チマキテント

カマボコテントで2ルームスタイル、タケノコテントで大きな1ルームスタイルを提案してきたDODが新提案する、「シェアハウススタイル」用テントです。
リビングではグループで楽しく過ごせますが、寝室は別々でプラベートな空間を確保。つかず離れず、絶妙な距離感を実現しています。
※チマキテントを設営するためのポールやタープテントは付属しません。別途ご準備ください。ポールの高さは200cmである必要があり、DODビッグタープポール( XP5-507R/ XP5-507K/ XP5-507-WD)が適合します

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

シェアハウススタイル

オクラタープなどのオープンタープにチマキテントを接続させることで、シェアハウススタイルを実現できます。タープ下のリビング部分は共有スペース、チマキテントは寝室スペースとなります。

 チマキテントのメインの特徴(シェアハウススタイル)

タープポールに吊り下げるだけの簡単設営

タープテントのポールにチマキテント先端を引っ掛けて、ペグダウンするだけのシンプルな設営方法です。200cmのポールを使用すれば、ヘキサタープなど一般的なオープンタープに接続することができます。

 チマキテントのメインの特徴(タープポールに吊り下げるだけの簡単設営)

チマキテント単体でも設営可能

200cmの高さのポールがあれば、タープテントと接続せずにチマキテント単体でも設営が可能です。

 チマキテントのメインの特徴(チマキテント単体でも設営可能)

頑丈で燃えにくいポリコットン生地

アウターテント、インナーテントともに厚みのあるポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡生地)を使用しているため、ポリエステルやナイロンと異なり、火の粉があたっても穴が空きにくくなっています。ポリウレタンのコーティングをしていないため、加水分解の心配もありません。
※燃えない素材ではありません。火の粉のかかり方によってはテントに穴が空く場合があります。直接炎を当てることや、テント下での焚き火やBBQはしないでください。

 チマキテントのメインの特徴(頑丈で燃えにくいポリコットン生地)

最大4つまで寝室を作れるオクラ&チーズチマキスタイル

大型の オクラタープチーズタープであれば、チマキテントを最大4つ吊り下げることができます。大人数でシェアハウススタイルを楽しむことができます。

 チマキテントのメインの特徴(最大4つまで寝室を作れるオクラ&チーズチマキスタイル)

 チマキテントのメインの特徴()

 チマキテントのメインの特徴()

1~2つの寝室におすすめなヘーキサ&チーズミニチマキスタイル

ヘーキサタープチーズタープミニ程度の大きさのタープテントであれば、チマキテントは1~2つまでの使用がおすすめです。寝室用テントを別途組み立てる必要なく、寝室スペースを確保することができます。

 チマキテントのメインの特徴(1~2つの寝室におすすめなヘーキサ&チーズミニチマキスタイル)

 チマキテントのメインの特徴()

Function 製品特徴

主な特徴

 チマキテントの主な特徴

各部の特徴

 チマキテントの各部の特徴(通気性の高いインナーテント)

通気性の高いインナーテント

インナーテントのドアは全面がメッシュになり、背面にもメッシュにすることのできる窓を配置しているため、夏でも涼しく過ごすことができます

 チマキテントの各部の特徴(ランタンフック)

ランタンフック

インナーテント内側の頂点部分にランタンを引っ掛けることのできるランタンフックを配置しています

 チマキテントの各部の特徴(寝室ポケット)

寝室ポケット

インナーテント内の2ヶ所にポケットを配置しています。スマホなどの収納に便利です。

 チマキテントの各部の特徴(蓄光ネイルペグ)

蓄光ネイルペグ

強度の高いネイルペグが付属します。夜間でも目立つように、フック部分には蓄光素材を使用しています。

 チマキテントの各部の特徴(専用コンプレッションバッグ)

専用コンプレッションバッグ

初心者でも収納しやすいように大きめの収納バッグを付属しています。コンプレッション機能があるため、収納は楽に行なえますが、収納サイズを小さく収めることができます。

 チマキテントの各部の特徴(コンパクト収納)

コンパクト収納

持ち運びしやすいコンパクト収納です。

 チマキテントの各部の特徴(ソロキャンプにちょうどいいサイズ)

ソロキャンプにちょうどいいサイズ

一人でゆったりと使用出来るサイズ感です。

How to use 使い方

組立/設営方法

 チマキテントの組立/設営方法

1.設営したタープのポールの下にアウターテントを広げます。

 チマキテントの組立/設営方法

2.接続するポールの高さは200cmにしてください。ポールの先端にアウターテントのグロメットを差し込み、引っ掛けてください。

 チマキテントの組立/設営方法

3.背面側から地面部分のループにペグを打ち込みます。

 チマキテントの組立/設営方法

4.インナーテントの頂点にあるロープをポールの先端に引っ掛けます。ロープの長さは自在金具で調整してください。

 チマキテントの組立/設営方法

5.インナーテントの背面側の2箇所のループをアウターテントと地面の隙間から通し、アウターテントを留めているペグに引っ掛けます。

 チマキテントの組立/設営方法

6.インナーテントの入り口部分の2箇所のループにペグを打ち込みます。再度インナーテントの頂点のロープの張り具合を自在金具で調整してください。

 チマキテントの組立/設営方法

7.完成です。

Photo 画像

Spec スペック

製品サイズ

 チマキテントのサイズ画像

スペック

カラー タン
希望小売価格 オープンプライス
組立サイズ(外寸) (約)W260×D260×H200cm
インナーサイズ (約)W220×D160×H170cm
収納サイズ (約)W60×D15×H18cm
重量(付属品含む) (約)5.6kg
収容可能人数 大人2名
最低耐水圧 アウターテント:350mm
フロア:5000mm
材質 アウターテント、インナーテント:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
インナーテントフロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
付属品 ペグ、キャリーバッグ ※ポールは付属しません。
JANCODE 4589946142327
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • チマキテントを設営するためのポールやタープテントは付属しません。別途ご準備ください。ポールの高さは200cmである必要があり、DODビッグタープポール(XP5-507R/XP5-507K/XP5-507-WD)が適合します。
  • 本製品に使用されているポリコットン生地は、防水コーティングされたポリエステル生地などとは異なり、水分を吸収した際に綿素材が膨張雨漏りを防ぐ構造です。そのため、張り方が弱いときや、長時間の雨に濡れた際には内部に雨漏りする場合があります。また、濡れたまま保管をすると化学繊維に比べてカビが生じやすいためご注意ください。

※ 構造上、中に入れるベッドの高さや身長によっては頭や足がインナーテントの壁面に当たることがあります。

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。