販売中

BIG ONE POLE TENT

ビッグワンポールテント

T8-200T

スタイリッシュな形とナチュラルなカラー。超大型の8人用ワンポールテント。

ビッグワンポールテント(ベージュ)

※2017年6月当社出荷分よりインナーテントをメッシュ生地に変更しております。

ナチュラルカラーでスタイリッシュな8人用ワンポールテント。本体外側にペグを打ち込み、1本のポールを立てるだけの超シンプル構造。最大8人が就寝可能な床面積がありながら、必要なパーツが少ないため、収納時はコンパクトになります。スタイリッシュな外観は、キャンプ場やフェス会場などでも、他のテントとは一線を画すファッション性をアピールします。

バリエーション

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。
※Amazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

ナチュラルカラー

8人用ワンポールテントにナチュラルカラーを採用。サイトをおしゃれに演出することが可能です。

 ビッグワンポールテントのメインの特徴(ナチュラルカラー)

広々としたテント内部

大人8人がゆったり寝ることができる床面積を確保。4~6人程度であれば広々と使用できます。

 ビッグワンポールテントのメインの特徴(広々としたテント内部)

コンパクトサイズ

必要なパーツが少ないことにより、収納時のコンパクト性を極限まで高め、わずか直径24cm、長さ62cmに収納が可能です。

 ビッグワンポールテントのメインの特徴(コンパクトサイズ)

Function 製品特徴

主な特徴

 ビッグワンポールテントの主な特徴

各部の特徴

 ビッグワンポールテントの各部の特徴(キャノピードア)

キャノピードア

ドア部分を全開にして、タープポール(別売)を使用すればタープスペースを作り出すことができます。
※写真はタープポールXP-02/XP-03(別売)を使用。

 ビッグワンポールテントの各部の特徴(出入口2ヶ所)

出入口2ヶ所

大人数のキャンプでも出入りしやすいように出入口を前後2ヶ所に配置しています。
※写真はタープポールXP-02/XP-03(別売)を使用。

 ビッグワンポールテントの各部の特徴(折りたたみ式ポール)

折りたたみ式ポール

折りたたみ式ポールを採用。折りたたみ時には長さがわずか55cmになり、収納時のコンパクト性に貢献します。

 ビッグワンポールテントの各部の特徴(靴が置ける前室スペース)

靴が置ける前室スペース

前後の入り口に前室スペースを設定。従来のワンポールテントでは置くことができなかった靴をインナーテントとフライシートの間の前室に置くことが可能になりました。

 ビッグワンポールテントの各部の特徴(ベンチレーター)

ベンチレーター

テント上部の4ヶ所のベンチレーターにより、テント内部の熱や湿気を排出。テント内部の快適環境を保ちます。

 ビッグワンポールテントの各部の特徴(耐水圧)

耐水圧

フライシートの生地は荒天時に備えた耐水圧2000mm。インナーテントのフロア部分は濡れた地面に対応するため、耐水圧3000mmの生地を採用しています。

 ビッグワンポールテントの各部の特徴(全面メッシュ仕様)

全面メッシュ仕様

インナーテントを全面メッシュ仕様にすることで、テント内部の通気性を格段にアップさせています。また、インナーテントだけを張り、蚊帳としての使用も可能です。

 ビッグワンポールテントの各部の特徴(両面ジッパー)

両面ジッパー

外側からも内側からもファスナーの開閉が出来る両面ジッパーを採用します。

 ビッグワンポールテントの各部の特徴(インナーポケット)

インナーポケット

テントの内部にはポケットが取り付けられており、小物を収容したり、強風時にウエイトを入れておくこともできます。
※一部仕様変更により、画像とポケットの形状が異なります。

 ビッグワンポールテントの各部の特徴(蓄光ネイルペグ)

蓄光ネイルペグ

強度の高いネイルペグが付属します。夜間でも目立つように、フック部分には蓄光素材を使用しています。※2019年9月当社出荷分より

 ビッグワンポールテントの各部の特徴(ストームロープ)

ストームロープ

フライシートには強風時などにテントの強度を向上させるためのロープが装備されています。2019年9月当社出荷分より、夜間でも視認性の高い白色のロープを採用し、強度の高いアルミ製自在が付属します。

 ビッグワンポールテントの各部の特徴(専用キャリーバッグ)

専用キャリーバッグ

ショルダータイプの専用キャリーバッグが付属されていますので、持ち運びにも便利です。

How to use 使い方

組立/設営方法

※同形状の別型番製品を使用しています。

 ビッグワンポールテントの組立/設営方法

1.製品を取り出し、梱包内容を確認します。

 ビッグワンポールテントの組立/設営方法

2.インナーテントを広げ、付属のペグで計8カ所を固定します。

 ビッグワンポールテントの組立/設営方法

3.インナーテントに合わせて、フライシートを被せます。インナーテントの赤いロープのついてる部分が靴置き用前室のあるメインの入り口です。

 ビッグワンポールテントの組立/設営方法

4.付属のポールを組み立て、インナーテント内部に設置します。

 ビッグワンポールテントの組立/設営方法

5.ペグ・ストームロープを使い、フライシートを固定します。

Photo 画像

使用の一例

※一部同形状の別型番製品を使用しています。

 ビッグワンポールテントの使用の一例

テントとして

インナーテントとフライシートを組み合わせれば、悪天候にも対応可能なテントとして使用できます。

 ビッグワンポールテントの使用の一例

シェルターとして

フライシートだけを設営すれば、休憩場所や荷物置き場の為のシェルターとして使用できます。

 ビッグワンポールテントの使用の一例

蚊帳として

インナーテントだけを設営すれば、蚊帳として使用できます。

Spec スペック

製品サイズ

 ビッグワンポールテントのサイズ画像

スペック

カラー ベージュ
希望小売価格 オープンプライス
組立サイズ(外寸) (約)W460×D460×H300cm
インナーサイズ (約)W410×D360×H300cm
収納サイズ (約)直径24×長さ62cm
重量(付属品含む) (約)12kg
収容可能人数 大人8名
最低耐水圧 フライシート:2000mm
フロア:3000mm
材質 生地:150Dポリエステル
ポール:スチール
付属品 ペグ、ロープ、キャリーバッグ
JANCODE 4589946133868
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • テント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。
  • 2017年6月当社出荷分よりインナーテントをメッシュ生地に変更しております。