NEW
販売中

PUP-LIKE TENT2

パップフーテント2

T2-670-TN

広いタープスペースと燃えにくいポリコットン生地。懐かしいけど新しい、パップ風テント。

パップフーテント2(タン)

「パップテント」の形からインスパイアされて生まれたパップ風のテントです。
パップテントとは、昔各国の軍隊で支給されていたテントで、2人の兵士がお互いのパップテントを組み合わせることでシェルターとして使用できる点が特徴です。
パップフーテントはパップテントのような形をしていますが、1枚のテントで完成し、パップテントよりも広いタープスペースを確保することで、ソロキャンプでの使いやすさを重視しています。また、パップテントのコットン100%生地とは異なり、ポリコットン(綿とポリエステルの混紡生地)を使用することで、防水性や軽量性を高めました。
ベースとなっているパップテント自体は昔のものですが、コンパクトでタープ一体型、近くで焚き火ができる、という新しいソロキャンプのスタイルを提案するテントです。

バリエーション

カラー

テントの近くで焚き火を楽しめる

ポリコットン生地を使用しており、焚き火やBBQの火の粉があたっても穴が空きにくくなっています。
※燃えない素材ではありません。火の粉のかかり方によってはテントに穴が空く場合があります。直接炎を当てることや、テント下での焚き火やBBQはしないでください。
※既存モデルに比べて厚みがあり、PUコーティング無しでも一定の耐水性を確保できるポリコットン生地に変更することで、より穴が空きにくくなっています。

 パップフーテント2のメインの特徴(テントの近くで焚き火を楽しめる)

広いタープスペース

2重のキャノピー構造により、パップテントよりも広いタープスペースを作り出すことができます。雨や風がタープスペースに入り込むのを防ぎ、プライベートも確保できます。タープ生地をサイドに拡張させることで、既存モデルよりもタープスペースが広く、快適になりました。

 パップフーテント2のメインの特徴(広いタープスペース)

夏に涼しい前後メッシュ仕様

寝室部分のドアは全面がメッシュになり、背面部分にもメッシュが配置されているため、どちらもメッシュにすれば寝室内でも涼しく過ごすことができます。

 パップフーテント2のメインの特徴(夏に涼しい前後メッシュ仕様)

風や虫が入り込まない特殊フロアレス構造

軽量化と火の粉による穴あき防止を図るため、フロアレス構造となっていますが、寝室部分の端にだけフロア生地を付けています。このフロア生地により、風や虫が入り込むことを防ぎます。
※既存モデルはポリエステルでしたが、フロアもポリコットン生地で統一することでより火の粉に強い構造になっています。

 パップフーテント2のメインの特徴(風や虫が入り込まない特殊フロアレス構造)

耐風テスト動画

信頼性の高い試験機関で、風速基準7等級程度(13.9~17.1m/s)の風を当てる試験を行っています。通常のオートキャンプに求められる耐風性を十分に備えています。
※台風など、安全上のリスクが想定されるような環境では使用しないでください。
※テントが破損する前にペグが抜ける可能性が高いため、強風時は30cm以上のペグ使用をおすすめします。

Function 製品特徴

主な特徴

 パップフーテント2の主な特徴

各部の特徴

 パップフーテント2の各部の特徴(調節可能なタープ角度)

調節可能なタープ角度

雨風の強さなど、状況に応じてタープスペースの角度を調整することができます。

 パップフーテント2の各部の特徴(火の粉や雨から寝室を守る特殊ドア構造)

火の粉や雨から寝室を守る特殊ドア構造

キャノピー部分を跳ね上げた状態でも、寝室部分を閉めることができるようにドアが付いています。火の粉や雨が寝室に入ることを防ぎます。

 パップフーテント2の各部の特徴(アルミ合金製ポール)

アルミ合金製ポール

軽量化を図るため、アルミ合金製ポールを使用しています。キャノピー部分を含め、4本のポールが付属します。

 パップフーテント2の各部の特徴(コンパクトな収納サイズ)

コンパクトな収納サイズ

コンパクトなサイズに収納できるため、バイクや徒歩でのキャンプにも対応します。

 パップフーテント2の各部の特徴(専用コンプレッションバッグ)

専用コンプレッションバッグ

初心者でも収納しやすいように大きめの収納バッグを付属しています。コンプレッション機能があるため、収納は簡単で、収納サイズを小さく収めることができます。

 パップフーテント2の各部の特徴(スチールペグ)

スチールペグ

強度の高いスチールペグが付属します。

How to use 使い方

組立/設営方法

 パップフーテント2の組立/設営方法

1.テント生地を地面に広げます。

 パップフーテント2の組立/設営方法

2.テントをペグで固定します。

 パップフーテント2の組立/設営方法

3.ポール(短)を組み立てます。ポール(短)は長さ調節が可能です。地面の凹凸に応じて調節してください。

 パップフーテント2の組立/設営方法

4.テントの内側から頂点2ヶ所のグロメット部分に、ポール(短)の先端を差し込み、ポールを垂直に立ち上げます。
※テンションがきつすぎる場合は、ポール(短)の長さを調節するかペグの位置を内側に調節してください。

 パップフーテント2の組立/設営方法

5.ポール先端部に固定されたロープを引っぱり、ペグで地面へ固定します。ロープの長さを調整し、テント頂上部のたるみがなくなるよう、テントにテンションをかけてください。

 パップフーテント2の組立/設営方法

6.ポール(長)2本を組み立てます。

 パップフーテント2の組立/設営方法

7.先端をキャノピー部分にあるグロメットに挿し込み、ポールを垂直に立ち上げます。

 パップフーテント2の組立/設営方法

8.その後前方向に伸びるロープを引き、ペグで固定します。

 パップフーテント2の組立/設営方法

9.ポール(長)2本の両隣から伸びるロープを横に引っぱり、ペグで固定します。

 パップフーテント2の組立/設営方法

10.テント後方のロープをペグで固定します。
※雨天時は、屋根部分に雨がたまらないように、ロープを引く角度やテンションを調整してください。

 パップフーテント2の組立/設営方法

11.完成です。

収納/撤収方法動画

Photo 画像

※タープ生地をテント本体に格納した状態で使用することはできません。

Spec スペック

製品サイズ

 パップフーテント2のサイズ画像

スペック

カラー タン
希望小売価格 オープンプライス
組立サイズ(外寸) (約)W310×D150×H125/130cm
※寝室部分のみ。メインポールは地面の凸凹に合わせて2段階に調節可能。
インナーサイズ インナーテント無し
収納サイズ (約)W57×D22×H22cm
重量(付属品含む) (約)8kg
収容可能人数 大人2名
最低耐水圧 350mm
材質 ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%))、アルミ合金
付属品 キャリーバッグ、ロープ✕9本(7本はテントに取り付け済)、ペグ✕19本、ポールキャップ✕4個
JANCODE 4589946143102
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • テント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。
  • 本製品に使用されているポリコットン生地は、防水コーティングされたポリエステル生地などとは異なり、水分を吸収した際に綿素材が膨張し、雨漏りを防ぐ構造です。そのため、張り方が弱いときや、長時間の雨に濡れた際には内部に雨漏りする場合があります。また、濡れたまま保管をすると化学繊維に比べてカビが生じやすいためご注意ください。
  • タープ生地をテント本体に格納した状態で使用することはできません。

バリエーション

カラー

RECOMMENDED PRODUCTS おすすめ製品

    おすすめ製品はありません。