おしゃれすぎるキャンプ場「FBI淡路」の詳細レポート

おしゃれすぎるキャンプ場「FBI淡路」の詳細レポート

  • シェアする
  • つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 ブックマーク

最近、おしゃれキャンパーの間で話題のキャンプ場「FBI淡路」でキャンプしてきました。
2016年9月23日から2泊のスケジュールで、BEACH AREAにテントを持ち込んでのキャンプです。
新しいキャンプ場でブログの情報も少ないため、BEACH AREAを中心にFBI淡路の詳細をレポートしたいと思います。

FBI淡路とは

FBI淡路

兵庫県・淡路島の真ん中あたりに位置する新しいキャンプ場。
キャンプ好きの仲間が集まり作ったという空間はおしゃれで独創性があり、異国でキャンプしているような気分になります。
テント持ち込みの通常のキャンプはもちろんできますが、家具やキャンプ道具の揃ったグランピング用キャビンや常設テントが人気のようです。
2ヶ月先まで予約がとれるようになっていますが、FBIのホームページで確認すると、土日のキャビン・常設テントはほぼ全て埋まっています。

FBI Awaji

https://www.fbi-camping.com/awaji/


キャンプ場の大きさ

FBI淡路の見取り図 http://www.fbi-camping.com/awaji/camping/

こちらがFBI淡路内の見取り図です。
思っていたよりもコンパクトで、地図上で一番左上のTIPI CLASSICから一番右下のCANDYまで歩いても2~3分程度だと思います。

BEACH AREA

beachall

こちらがBEACH AREAの全景です。
一番左のテントがTIPI RELAXで一番右のテントがTIPI CLASSICです。BEACH AREAではこれらの常設テントの前以外は自由にテントを張ることができます。
画像は9/23(金)の平日に撮影したもので、かなりスペースにゆとりがあります。
BEACH AREAは海までの距離が近く、ロケーションは最高なのですが、デメリットとしては車を横付けできません。駐車場から近い場所であれば徒歩10秒くらいですが、今回テントを張ったTIPI RELAXの手前あたりだと運搬が非常に大変でした。砂浜のため、キャリーワゴンも使えないと思います。

FBI淡路のビーチ混雑時

こちらが9/24(土)に別角度から撮影したものです。前日に比べると混んでいますが、テントの間にはゆとりがあります。
ただ、ブログなどの情報では、張る場所がなかなか見つからないほど混むこともあるようです。

FBI淡路のビーチで設営

海側に張り過ぎて、満潮時はギリギリでした。
自由な場所に張ることができるので、これは自己責任ですね。

FBI淡路ビーチエリアの干潮時

干潮のときはこれくらいスペースがあるので、干潮時に設営するときは注意が必要です。

FBI淡路のビーチの先っぽ

ビーチの端(TIPI RELAX側)は岩場になっていてカニやフナムシがたくさんいます。

FBI淡路のビーチの先っぽ2

こちらが逆側(TIPI CLASSIC側)です。
釣りができるようです。

砂遊び

9月下旬で水は少し冷たかったですが、子どもたちは海に入って喜んでいました。
見渡す限り、クラゲもいなかったです。海水浴シーズンに行った方のブログ情報によると、かなり遠浅のようで子供連れの方には安心ですね。

SEA VIEW AREA

FBI淡路のSEA VIEW AREA

ビーチハウス側からSEA VIEW AREAを撮影した画像です。

FBI淡路のSEA VIEW AREA2

車が入る分、BEACH AREAに比べると狭そうな印象を受けます。
他のキャンプ場では見ないようなおしゃれなテントで泊まっている人も多かったです。

FBI淡路のSEA VIEW AREAの景色

SEW VIEW AREAからはその名の通り、海が見えます。

常設テント

コットンテント「JERRY」

FBI淡路のjelly

ベルギーから輸入したというコットンテント「JERRY」です。
デッキの上に建てられているため、非常に快適そうです。子供用としてフィールドキャンディのテントも設営されています。

BEACH AREAの「TIPI RELAX」

FBI淡路のTIPI RELAX

TIPI RELAXです。コットン100%だと思いますが、メッシュ窓がないので真夏はどうでしょうか。気になります。

FBI淡路のTIPI内部

内部にはマットレスが敷き詰められています。

FBI淡路のエスニックな飾り

エスニックな飾りがされています。

キャビン

FBI淡路のキャビンFRISBY

キャビンFRISBYです。

FBI淡路の新しいキャビン

ホームページには写真が載っていない新しいキャビンのようです。

その他キャンプ場の設備

BEACH HOUSE

FBI淡路のビーチハウス

受付やレストラン、バーになっているメインの建物です。

FBI淡路のビーチハウス2

こちらがビーチ側から見た画像です。
SUP(スタンドアップパドルボード)のレンタルもあります。

FBI淡路の飲食スペース

中の飲食スペースです。

FBI淡路の夜のBAR

夜の雰囲気も最高です。

FBI淡路のモヒート

バーで飲めるモヒートは1100円と少し高めですが、ミントがたくさん入っていて美味しかったです。

FBI淡路のブランコ

ビーチハウスの前にはブランコが3つあります。

トイレ・シャワー設備

FBI淡路のビーチトイレ

こちらがキャビンLUCY MAYの近くにあるトイレです。
BEACH AREAからは少し歩きます。

FBI淡路のビーチトイレ2

入り口にはエスニックな鏡が設置されています。

FBI淡路のビーチトイレ3

トイレ内や便器は綺麗に掃除されています。

FBI淡路のSEA VIEW AREAのトイレ

こちらはSEA VIEW AREAの方のトイレです。

FBI淡路のSEA VIEW AREAのトイレ2

屋根にテントがくっついています。
すごい発想力とセンスですね。

FBI淡路のシャワー

シャワー用の小屋です。
トイレからシャワーまで、全ての建物がおしゃれですね。

FBI淡路のシャワー2

1回300円で24時間使えるようです。

ゴミについて

ゴミ

シャワー小屋の裏側にあるゴミ捨て場です。

ゴミ2

分別は6種類で、ゴミ袋を1枚200円で買う必要があります。
今回は生ゴミ、燃えるゴミ、缶の3種類を買いましたが、大きめの袋なので2泊3日でも余裕の大きさでした。

FBI淡路に泊まる際の注意点

BEACH AREAはサンドペグが必須

FBI淡路のBEACH AREA

BEACH AREAはその名の通り、テントを建てるところがほとんど砂浜です。
今回はキャプテンスタッグさんの30.5cm&38cmのサンドペグを併用して大丈夫でしたが、風が強いときは45cmくらいのサンドペグを用意しても良さそうです。

砂浜を歩くときはサンダルが必須

FBI淡路の砂浜

海の水は比較的透明でキレイなのですが、砂浜にはいろいろなゴミが漂流しています。
特に子供を遊ばせるときには足に何かが刺さらないように注意が必要です。

早く寝る人にはBEACH AREAがおすすめかも

宿泊した期間に関してですが、普通のキャンプ場に比べると若い方が多いためか、夜中まで賑やかなグループが多かったように思います。
ただ、BEACH AREAでは波打ち際が非常に近いため、波の音が非常に大きくあまり気にはなりませんでした。子供連れなどで早く寝る人にはBEACH AREAがおすすめかもしれません。
※波の音が気になるかもしれませんが。

まとめ

summary

話題になっているだけあり、細かいところまで非常におしゃれなキャンプ場でした。
高規格のキャンプ場ではありませんが、この雰囲気が好きな人や自然のままの場所にキャンプしたい人は、ぜひ一度宿泊してみてはいかがでしょうか。
現時点で完成ではなく、今後も新しい施設を作っていくようなので楽しみですね。

▼FBI大山のレポートはこちら


▼グランピング福岡のレポートはこちら