アウトドア初心者必見!気軽に読めるアウトドア漫画8選【試し読み情報付き】

アウトドア初心者必見!気軽に読めるアウトドア漫画8選【試し読み情報付き】

  • シェアする
  • つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 ブックマーク

読書の秋ですね。
小説を読むのは少し敷居が高いかもしれませんが、漫画ならどうでしょう。
まだ気軽に読める気がしませんか?
今回は、月に30冊ほど漫画を読んでいる私がおすすめする、気楽に読めるアウトドア漫画をご紹介します。
秋の夜長のお供にぜひどうぞ。

おすすめアウトドア漫画8選

キャンプ、登山、ボルダリング、燻製などアウトドアが題材の漫画を8冊、一挙にご紹介します。

山と食欲と私/信濃川日出雄

山と食欲と私 http://www.shinchosha.co.jp/book/771885/

「山ガール」と呼ばれるのを嫌う27歳会社員、日々野鮎美(自称「単独登山女子」)のお話です。
主人公が色んな山を登るんですが、登山直後の登頂で食べる「山飯」のまぁ美味しそうなこと。
単純にカップラーメンを食べるだけでなく、「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」や「クサウマカシューナッツ炒め」など、ちょっとこだわりがあって、すぐに真似したくなるレシピも満載です。
最近は「飯系」ジャンルの漫画がたくさん出版されていますが、アウトドアというのが影響しているのか(もちろん、作者の方の画力がすごいんですが)、その中でも特に美味しそうに見えます。
1話簡潔型で読みやすいです。
美味しい食材を持って山に登りたくなる漫画です。

【試し読み】 http://www.kurage-bunch.com/manga/yamashoku/

いぶり暮らし/大島千春

いぶり暮らし http://www.zenyon.jp/lib/top.php?id=6/

週に一度の休みが被る日曜日に燻製を楽しむ、一軒家に同棲しているカップルのお話。
燻製といえばチーズやベーコンくらいしか知らなかったんですが、醤油などの調味料や餃子など、燻製初心者には思いつかないような食材が沢山でてきて、燻製の世界が広がります。
わざわざキャンプ場まで行かずに家の中でできる(一部ベランダでも)、という点もアウトドアの敷居を下げてくれてて嬉しいところです。
家で燻製を試してみてから、キャンプ場で再現する、というのもいいかもしれませんね。
こちらの記事でも簡単な燻製について説明しています。

「山と食欲と私」同様、食欲をそそられる漫画。
「喰う寝るふたり住むふたり」のような2人の間に流れるゆるい空気もいい感じです。
難しそうに感じる「燻製」がきゅっと身近に感じられます。

【試し読み】 http://www.zenyon.jp/lib/top.php?id=6

ゆるキャン△/あfろ

ゆるキャン△ http://houbunsha.co.jp/comics/detail.php?p=%A4%E6%A4%EB%A5%AD%A5%E3%A5%F3%A2%A4

女子高校生のリンとなでしこが主人公のキャンプ漫画。
なでしこがある日、自転車で富士山を見に湖に行って昼寝をしてたらそのまま夜になってしまい、ソロキャンプに来ていたリンに助けられ、そこからキャンプの虜になっていく・・というお話。
なでしこはキャンプ初心者なので、火の起こし方やテントの選び方やシュラフの選び方などを野クル(高校の野外活動サークル。略して「野クル」)のメンバーからレクチャーしてもらいます。
読んでいるだけで一緒にキャンプグッズやキャンプの知識が増えていくのも嬉しいところ。
タイトル通りに、ゆるーいキャンプの様子が楽しめます。
ソロキャン、グルキャン(グループキャンプ)、ツーリングキャンプなど違ったキャンプスタイルが見れるのもおすすめポイントです。

【試し読み】 http://sokuyomi.jp/product/yurukyan_001/CO/1/

ハイジと山男/安藤なつみ

ハイジと山男 http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063804706

都会で派遣社員として働いていた高原羽衣路(ハイジ)が、変わり者だった亡き祖父が遺した山小屋(みどり小屋)で働くことに。
おじいちゃんの遺したものや、登山客と触れ合ううち、みどり小屋に対して愛着や働き甲斐を見つけ出します。
そんな中、みどり小屋の所有権を持っているハイジの母親が「みどり小屋を売却する」と言い出して・・・。
ハイジと一緒にみどり小屋で働く、空木雅夜(うつぎまさや)と霧島朝日(きりしまあさひ)との恋愛模様にも注目です。
登山時には必ずお世話になる山小屋。
恥ずかしながら、「道なおし」という山小屋までの道をならす大事なお仕事を山小屋の方がしてくれていたことをこの漫画を見て初めて知りました。
気楽に読めてしまいますが、山で働く方に敬意を感じずにはいられない、そんな漫画です。

【試し読み】 http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063804706

ヤマノススメ/しろ

ヤマノススメ http://comic-earthstar.jp/detail/yamanosusume/

人見知りの激しい高校1年生の雪村あおい(インドア派・高所恐怖症)が、小学校ぶりに幼馴染の倉上ひなた(山好き)に再会し、登山に誘われて少しずつ山の魅力に目覚めていくお話。
初心者の女性が登山をするためにはどういうことを知ってなきゃいけないか、ということがわかります。
ちょっと登山に興味があるけど実際どうなんだろう・・という気持ちを後押ししてくれるような漫画です。
アニメ化もされていて、登場したシーンの聖地巡礼されている方も結構いるみたいです。

【試し読み】 http://comicearthstar.sakura.ne.jp/comicdata01/yamanosusume/001yamanosusume/HTML5/pc.html#/page/1

山賊ダイアリー/岡本 健太郎

山賊ダイアリー http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063523911

現役猟師でマンガ家の岡本健太郎さん本人が地元の岡山県で狩猟している生活を描いた話です。
獲物の捌き方や動物の習性など普段生活する上では特に必要のないことですが、アウトドアをする上では知っておいて損はない情報だらけです。
ウサギの唐揚げ、鴨のロースト、カラスの焼き鳥など、ワイルドな野生料理の数々も紹介されています。
「カラスは美味しくない」と何かで聞いたことがあったんですが、これを読むと意外といけるそうですね。(私は一生食べることはないとは思いますが・・・)
巻数が進むと、サバイバルキャンプについての話も登場します。
山に入られる職業なので、道に迷った時のサバイバル術などアウトドア要素も満載です。

【試し読み】 http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063523911

高尾の天狗と脱・ハイヒール/氷堂リョージ

高尾の天狗と脱・ハイヒール http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/2054801

3年つきあった彼氏にフラれた三十路OLの御岳ノリコが傷心旅行のため高尾山に登り(本当は海外に行きたかったけど金欠のためやむなし)、そこで天狗の親子に出会い、登山にハマっていく・・という4コマ漫画。
高尾山への初登山は会社帰りに行ったためハイヒールだった、というのがタイトルの由来ですね。
ゆるキャン同様、装備や心構えなど、徐々に主人公の登山スキルが上がっていくのも見どころのひとつ。
高尾山は登山初心者にも最適な山なので、これを読んでから実際に高尾山に登ってみるのも面白そうです。

【試し読み】 http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/2054801

のぼる小寺さん/珈琲

のぼる小寺さん http://afternoon.moae.jp/lineup/470

ボルダリング部に所属するボルダリング大好きな女子高校生、小寺さんがひたすらのぼる、のぼる、ただただのぼる。
明るい髪の色、他の人と群れない、同級生から少し距離を置かれてしまう小寺さんですが、ただひたむきにのぼる、そんな小寺さんが「なんか気になっちゃう」人たちからの目線で描かれている、小寺さんを観察する漫画です。
ボルダリングに打ち込む小寺さんの姿を見て、卓球部をサボり気味だった近藤君や、めったに学校に来ない倉田さんなど、周りの同級生達がいい影響を受けていくのも見どころのひとつです。
ショートカットが似合う手足がすらっとした小寺さん、かわいいです。
そのうちアニメ化とかしちゃうんじゃないでしょうか。
先取りとしてもおすすめです。

【試し読み】 http://www.moae.jp/comic/noborukoterasan/1?_ga=1.6939698.1645098201.1472029365

まとめ

いかがでしたか?
今回は、本格的な登山漫画やエッセイものは除き、ゆるく気楽に楽しめる漫画を集めました。
上記の漫画を読んで、インドアで知識を深めてアウトドア熱を高めてから、ソト遊びしてみてはいかがでしょうか。