NEW
販売中

TAKENOKO TENT 2

タケノコテント2

T8-795-KH

「ワンルーム」という新しいキャンプスタイル。食べるのも寝るのも同じ部屋で。

タケノコテント2(カーキ) T8-795-KH

現在、キャンプの主流は「テント+タープ」か「2ルームテント」で、基本的にリビングと寝室が分かれており、リビングでは靴を履いているというスタイルです。
しかし、ほとんどの日本人はリビングで靴を脱いでおり、ほとんどの一人暮らしはリビングも寝室も同じ部屋です。

そこでDODは考えました。
食べるのも寝るのも同じ部屋で行う、大きなワンルームみたいなテントがあってもいいんじゃないか、と。

ポリコットン生地とポリエステル生地の使い分けや、サイドポール構造による体感面積の広さなど、リビングとして快適に過ごせるワンルームにするため、数々の工夫を詰め込みました。

「食べたいときに食べて、寝たいときに寝る。」
日本人が一番リラックスできる、「裸足型ワンルーム」というキャンプスタイルを提案します。

バリエーション

カラー

タケノコテント2の販売についてのお知らせ



応募期間:2020年11月5日(木) ~ 11月10日(火)AM10:00まで
抽選結果連絡日:2020年11月13日(金)
納期予定:2020年11月中旬から11月下旬頃(スケジュールは予告なく変更になる可能性がございます)
応募可能数:お一人様1個まで
※複数回や複数型番へのご応募は抽選から外れますのでご注意ください。
※ご応募NG例:両カラーへのご応募など。
次回販売予定:未定


DOD STORE

約8.6畳の贅沢な内部空間

テントの隅っこ部分は、通常のワンポールテントでは高さがなくデッドスペースになってしまいます。タケノコテントはサイドに140cmのポールを入れているため、テントの端っこの方でも圧迫感を感じることがなく、広々と過ごせます。

 タケノコテント2のメインの特徴(約8.6畳の贅沢な内部空間)

結露を軽減するポリコットン生地

屋根部分の生地には透湿性のあるポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡生地)を使用することで、テント内の結露を軽減させています。透湿性や難燃性に優れたポリコットンですが、重量が重い、濡れたときの扱いが科学繊維に比べると困難というデメリットもあるため、壁部分(垂直方向)の生地にはポリエステル生地を使用し、軽量化しています。

 タケノコテント2のメインの特徴(結露を軽減するポリコットン生地)

夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン仕様

全方向に大型のメッシュ窓を配置し、全開すれば360度風が吹き抜けます。屋根部分に厚みのあるポリコットンを使用しているため、テント内には濃い影もでき、夏場はテント内で涼しく過ごすことができます。
また、テント生地の下から風が入り込むのを防ぐスカート生地が付いているため、メッシュ窓を全て閉めれば風の侵入をシャットアウトすることができ、冬場は暖かく過ごすことができます。

 タケノコテント2のメインの特徴(夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン仕様)

まるでオープンタープなオールドア構造 ※2からの新仕様

2ヶ所のドアに加えて、全てのメッシュ窓を開閉できるようになりました。360度どこからも出入りが可能になり、全ての窓を開ければまるでオープンタープのような開放感が得られます。

 タケノコテント2のメインの特徴(まるでオープンタープなオールドア構造 ※2からの新仕様)

8×8mの区画サイトに収まる設営面積

サイドポールを入れることにより、外側のペグをテントの近くに打つことができるため、最小で6×6mの大きさがあれば建てることができます。8×8mの区画サイトであれば、タケノコテントと車1~2台を入れることが可能です。
※ロープの打つ位置や車の大きさによっては8×8mの区画サイトに収まらない場合もあります。

 タケノコテント2のメインの特徴(8×8mの区画サイトに収まる設営面積)

内側から開閉可能なトップベンチレーター ※2からの新仕様

テント内のロープを引っ張ることによって、テント頂点部分のベンチレーターを開閉できるようになりました。状況に応じてテント内の温度や湿度を調整することができます。

 タケノコテント2のメインの特徴(内側から開閉可能なトップベンチレーター ※2からの新仕様)

内側から開閉可能なサイドベンチレーター ※2からの新仕様

頂点部分に加えて、屋根の中間地点にも2ヶ所のベンチレーターを配置しました。テント内側から手動で開閉が可能です。

 タケノコテント2のメインの特徴(内側から開閉可能なサイドベンチレーター ※2からの新仕様)

土間スペースは自由に調整可能

フロア生地は入り口部分から取り外すことができ、土間スペースの大きさを調整可能です。靴置きスペースだけを土間にすることや、半分だけ土間、全てフロアレスにすることもできます。

 タケノコテント2のメインの特徴(土間スペースは自由に調整可能)

開け閉めしやすく、靴置きスペースもできる特殊ドア構造

開け閉めがワンアクションで簡単にできるD型ドアを2ヶ所に配置しています。状況に応じて靴置きスペースを展開することもできる、特殊な2重構造になっています。

 タケノコテント2のメインの特徴(開け閉めしやすく、靴置きスペースもできる特殊ドア構造)

充実したオプションパーツ

設営を簡単にする専用グランドシートに加えて、専用インナーテントやインナーマット、プロジェクターで映画を見ることのできるタケノコシアターなど、オプションパーツを充実させました。状況や好みに応じて使用することで、楽しみ方が広がります。

 タケノコテント2のメインの特徴(充実したオプションパーツ)

耐風テスト動画

信頼性の高い試験機関で、風速基準7等級程度(13.9~17.1m/s)の風を当てる試験を行っています。大型テントながら通常のオートキャンプに求められる耐風性を十分に備えています。
※実際に風が強い場合など、安全上のリスクが想定されるような環境下では使用しないでください。
※風がある場合は、テントが破損する前にペグが抜ける可能性が高いため、30cm以上のペグ使用をおすすめします。

Function 製品特徴

主な特徴

 タケノコテント2の主な特徴

各部の特徴

 タケノコテント2の各部の特徴(迷わないシンプル設計)

迷わないシンプル設計

ワンポールテントをベースにしたシンプルな構造で、骨組みは1本のメインポールと8本のサイドポールだけで構成されています。8本のサイドポールは全て同じ長さで、同じ黒色のスリーブに入れるようになっているため、設営で迷うことがありません。

 タケノコテント2の各部の特徴(ガイド機能付きの専用グランドシート(別売り))

ガイド機能付きの専用グランドシート(別売り)

別売りの 専用グランドシート を使えば、始めにグランドシートを八角形にペグダウンして、上からタケノコテントを引っかけることでキレイに設営することができます。
※テント本体にフロア生地は付属されています。グランドシート無しでも設営することはできますが、キレイな八角形にペグダウンすることが難しいため、設営後にペグ位置などの調整が必要となります。

 タケノコテント2の各部の特徴(大型ポケット)

大型ポケット

テント入り口付近の内側には大きなポケットが2つ配置されています。テントや寝袋の収納袋などを収納することで、テント内をスマートに見せることができます。






 タケノコテント2の各部の特徴(高強度フロア生地)

高強度フロア生地

テントフロア生地に使われる素材としては、最高級クラスの300D(デニール)オックスフォードポリエステル素材を使用しており、耐久性に優れます。耐水圧も最高クラスの5000mmで、水の染み込みを防ぎます。
※地面の凸凹や濡れ具合などによっては、フロアの破損や浸水する場合もありますので、別売りの専用グランドシートの併用をおすすめします。

 タケノコテント2の各部の特徴(ランタンフック)

ランタンフック

テント内のサイドポール部分8ヶ所にランタンを引っ掛けるためのO型フックを配置しています。

 タケノコテント2の各部の特徴(5mmロープ&三角自在 ※2からの新仕様)

5mmロープ&三角自在 ※2からの新仕様

大きな設営サイズに合わせて、太めの5mmロープを使用しています。また、ロープが緩みにくい三角形の自在を採用しています。

 タケノコテント2の各部の特徴(専用コンプレッションバッグ)

専用コンプレッションバッグ

初心者でも収納しやすいように大きめの収納バッグを付属しています。コンプレッション機能があるため、収納は簡単で、収納サイズを小さく収めることができます。

 タケノコテント2の各部の特徴(スチールペグ)

スチールペグ

強度の高いスチールペグが付属します。

 タケノコテント2の各部の特徴(テントリペアシート付属)

テントリペアシート付属

テントに穴が空いたり、破けたときのための補修用シートが付属します。

How to use 使い方

組立/設営方法動画

組立/設営方法

 タケノコテント2の組立/設営方法

1.テント生地を地面に広げます。
※別売りの専用グランドシートがある場合は、先にグランドシートを地面に広げてペグダウンし、その上からテント生地を広げてください。

 タケノコテント2の組立/設営方法

2.対角同士が適度に張るように各ループをペグダウンします。

 タケノコテント2の組立/設営方法

3.サイドポールを組み立てます。

 タケノコテント2の組立/設営方法

4.ポールの先端が長い方が天井側、短い方が地面側になるように各スリーブにポールを通します。

 タケノコテント2の組立/設営方法

5.ポールの天井側先端を屋根のグロメットに、地面側先端をスカートのグロメットに差し込み固定します。

 タケノコテント2の組立/設営方法

6.テントフロアの頂点から外側に2歩くらいの場所にペグダウンします。

 タケノコテント2の組立/設営方法

7.ペグにサイドポール部分のロープを引っ掛けて、サイドポールが垂直になるようにロープの長さを調節します。

 タケノコテント2の組立/設営方法

8.メインポールを組み立てます。

 タケノコテント2の組立/設営方法

9.テント内に入りポールを天井中央に差し込みます。

 タケノコテント2の組立/設営方法

10.形が整うようにロープのテンションや位置を調整し、完成です。

Photo 画像

Spec スペック

製品サイズ

 タケノコテント2のサイズ画像

スペック

カラー カーキ
希望小売価格 オープンプライス
組立サイズ(外寸) (約)W450×D450×H280cm
※スカート部分は含みません
インナーサイズ 別売り
収納サイズ (約)W36×D36×H79cm
重量(付属品含む) (約)23.5kg
収容可能人数 大人8名
材質 テント屋根部分:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
テント壁部分:150Dポリエステル(PUコーティング)
フロア:300Dポリエステル(PUコーティング)
ポール:スチール
最低耐水圧 テント屋根部分:350mm
テント壁部分:3000mm
フロア:5000mm
付属品 ペグ×22本、ロープ×8本(テントに取り付け済)、キャリーバッグ、テントリペアシート
JANCODE 4589946145342
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合がありますのでご了承ください。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差がございます。
  • 掲載写真はできる限り実物の色味に近づくように加工・調整しておりますが、
    お客様がお使いのモニターの設定や天候・照明の当たり具合などにより、実物の色味と異なって見えることがございます。
  • テント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。
  • 本製品に使用されているポリコットン生地は、防水コーティングされたポリエステル生地などとは異なり、水分を吸収した際に綿素材が膨張し、雨漏りを防ぐ構造です。そのため、張り方が弱いときや、長時間の雨に濡れた際には内部に雨漏りする場合があります。また、濡れたまま保管をすると科学繊維に比べてカビが生じやすいためご注意ください。
  • 風の強いときにはサイドポールとサイドポールの間にあるループにもロープを取り付けてペグダウンしてください。その部分用のロープは付属しませんので、別途ご用意ください。

※必要に応じて縫製の重なる場所に防水ワックスを塗布しており、塗布した箇所が白く見えることがあります。

バリエーション

カラー

タケノコテント2の販売についてのお知らせ



応募期間:2020年11月5日(木) ~ 11月10日(火)AM10:00まで
抽選結果連絡日:2020年11月13日(金)
納期予定:2020年11月中旬から11月下旬頃(スケジュールは予告なく変更になる可能性がございます)
応募可能数:お一人様1個まで
※複数回や複数型番へのご応募は抽選から外れますのでご注意ください。
※ご応募NG例:両カラーへのご応募など。
次回販売予定:未定


DOD STORE