販売中

RIDER'S ONE TOUCH TENT

ライダーズワンタッチテント

T2-275-TN

コンパクトにバイクに積載できて、簡単に設営ができる、ライダーのためのワンタッチテント。

ライダーズワンタッチテント(タン)

2リットルのペットボトル2本サイズのワンタッチテント。
バイクツーリングに特化し、バイクへの積みやすさ、バックパックへの収まりを考慮したライダーのための新設計です。ワンタッチ構造を採用し、組み立てはヒモを引っ張るだけ。片付けはロックを外してフレームを折りたたむだけ。もうバイクツーリングキャンプでのテント設営や撤収に時間をかけることはなくなります。バイクツーリングで夜にキャンプ場に到着し、次の瞬間にはテントが立っている。そんなスマートなキャンプをバイクツーリングキャンプを愛するすべてのライダーに提案します。

バリエーション

カラー

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。
※Amazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

優れた積載性

バイクへの積載やバックパックへの収納を考慮したパッキングサイズ。収納サイズの全長が56cmと、極めてコンパクトな短さで、バイクツーリングキャンプ用に、バイクへの移動に持ち運びが簡単です。

 ライダーズワンタッチテントのメインの特徴(優れた積載性)

簡単設営

テント上部のロープを引くだけのワンタッチシステムを採用。バイクツーリングで夜にキャンプ場に着いても、テント本体は約30秒で展開できます。

 ライダーズワンタッチテントのメインの特徴(簡単設営)

軽量設計

本体重量2.9kg。収納サイズは17cm×56cm。できるだけ荷物を抑えたい登山やバイクツーリングなどで重宝します。

 ライダーズワンタッチテントのメインの特徴(軽量設計)

Function 製品特徴

主な特徴

 ライダーズワンタッチテントの主な特徴

各部の特徴

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(ダブルウォール)

ダブルウォール

アウターテントとインナーテントのダブルウォール構造のため、テント内部の結露や雨風の侵入を軽減します。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(新窓構造)

新窓構造

大型窓を搭載し夏でも風通し良好。サイドの生地を立ててロープを張ることで、雨の侵入を防いだまま風を通すこともできます。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(インナーテント側メッシュ窓)

インナーテント側メッシュ窓

インナーテントの背面にメッシュと生地を切替可能な窓を搭載し、風通りを調節することが可能です。入り口は全面メッシュに切替が可能なので幅広いシーズンに対応します。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(吊り下げ式インナーテント)

吊り下げ式インナーテント

本体から吊り下がった構造のインナーテント。インナーテントを取り付けたまま設営・収納が可能です。またバックルを外すことで簡単にインナーテントの取り外しができ、アウターテントのみでシェルターとしても使用可能です。( ペグ打ちが必要です)

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(アルマイト加工)

アルマイト加工

ポール表面には重量を増加させることなくアルマイト加工を採用。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(荷室)

荷室

前面のアウターテントとインナーテントの間には、靴や荷物等の収納が可能な荷室を配置しています。ブーツなども置くことが可能な長さ58㎝の荷室です。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(反射プリント)

反射プリント

夜間の視認性を考慮し、アウターテント正面に反射プリントを採用しています。夜間でも瞬時にテントの位置を確認できます。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(耐水圧3000mm)

耐水圧3000mm

アウターテントには荒天時に備え耐水圧3000mm、フロアには耐水圧5000mmの生地を使用しています。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(蚊帳)

蚊帳

蚊などの害虫の進入を防ぎ、テント内の通気性を保つ大型の蚊帳をインナーテント入り口に装備しています。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(インナーポケット)

インナーポケット

テントの内部にはポケットが2ヵ所取り付けられており、小物を収容することができます。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(ベンチレーター)

ベンチレーター

テント内部の空気を循環させる大型ベンチレーターをアウターテントに配置しています。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(コンプレッションバッグ)

コンプレッションバッグ

コンプレッション(圧縮)機能を備えた専用キャリーバッグが付属。長さ56cm×直径17cmほどの大きさに収納可能です。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(トップシート)

トップシート

雨が強い場合には付属のトップシートを装着すると、耐水性能がさらに向上します。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(ランタンフック)

ランタンフック

テント天井にはランタンフックを配置。夜間のテントライフをより快適にします。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(ストームロープ)

ストームロープ

反射素材を編み込んだ専用ストームロープを採用。暗闇ロープでつまずくことを防ぎ、テントの位置も確認しやすい仕様です。

 ライダーズワンタッチテントの各部の特徴(Y型アルミペグ)

Y型アルミペグ

テントを固定するためのペグ10本が付属。風の強さなど、状況に応じてご使用ください。

How to use 使い方

組立/設営方法動画

組立/設営方法

 ライダーズワンタッチテントの組立/設営方法

1.ワンタッチテント本体をキャリーバッグより取り出します。

 ライダーズワンタッチテントの組立/設営方法

2.テントを地面に広げます。

 ライダーズワンタッチテントの組立/設営方法

3.折りたたまれた各辺のポールを伸ばします。伸ばした各ポールは必ず押しこみ、関節部をロックしてください。

 ライダーズワンタッチテントの組立/設営方法

4.中央ジョイント部の上部にあるロープを引き上げます。※ポールのロックが不十分な場合、テントを広げると正しくテントが組み立てません。

 ライダーズワンタッチテントの組立/設営方法

5.ジョイント部が連結するまで紐を引き上げ完成です。※必要に応じ、ペグでテントを固定してください。

寝室サイズ(ベッド・マット設置)イメージ

テント寝室内に当社のベッド(コット)やマットを設置する場合の目安としてご活用ください。

※ベッドをテント内に設置する場合は、ベッドが寝室出入口部につっかえます。無理に入れるとテント生地の破損につながりますため、必ずベッド脚部はテント内で取付ください。

Photo 画像

Spec スペック

製品サイズ

 ライダーズワンタッチテントのサイズ画像

スペック

カラー タン
希望小売価格 オープンプライス
組立サイズ(外寸) (約)W2200×D1780×H1200mm
インナーサイズ (約)W2000×D1200×H1000mm
収納サイズ (約)直径170×長さ560mm
重量(付属品含む) (約)2.9kg
収容可能人数 大人2名
最低耐水圧 アウターテント:3000mm
フロア:5000mm
材質 アウターテント:40Dナイロン(PUコーティング、リップストップ加工)
インナーテント:ポリエステル通気性生地
フロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
ポール:アルミ合金
付属品 ペグ、ロープ、キャリーバッグ
JANCODE 4589946138498
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • テント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。
  • 設営所要時間は個人の習熟度などに左右されます。
  • 駐輪時には必ずバイクが安定していることを確認してください。
  • バイクが転倒する可能性がある範囲では就寝したり座ったりしないでください。
  • バイクの移動は必ずエンジンを切って行ってください。

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。
※Amazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

RECOMMENDED PRODUCTS おすすめ製品