販売中

4×4 BASE

ヨンヨンベース

TT5-821-BR

ソロやデュオで余裕のあるワンルームスタイルを楽しめる。圧迫感の少ないコンパクトシェルター。

ヨンヨンベース(ブラウン) TT5-821-BR

※キャノピー用のポール(XP5-507K)・ロープは別途ご用意ください。

4本のポールを使用し、フルクローズしても圧迫感の少ないシェルターです。
テントやキャンプ用ベッドを配置しやすいサイズ設計を行い、約10畳(江戸間換算)の床面積を効率よく使用することができます。
ソロやデュオのキャンプですべてのギアを中にいれて使用しても余裕のあるサイズ設計です。
軽量・コンパクトなナイロン生地を採用し、こんなに広いのに収納はコンパクト。
扱いやすさや設営のしやすさにも工夫を凝らしています。

バリエーション

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

ソロ・デュオで余裕のあるワンルームスタイルを実現

ソロキャンプであればシェルター内部にテントを設置してもリビングスペースが十分に確保できるサイズ設計。
入り口をキャノピー用のポール(XP5-507K)で張り出せばさらに広い影面積が確保できます。
床面積は約10畳、ソロキャンプやデュオキャンプであれば就寝スペースとリビングスペースをすべて含めても余裕のあるサイズです。

※画像はワンタッチカンガルーテントS(T2-616-TN)を使用しています。

 ヨンヨンベースのメインの特徴(ソロ・デュオで余裕のあるワンルームスタイルを実現)

 ヨンヨンベースのメインの特徴()

 ヨンヨンベースのメインの特徴()

メッシュに切り替え可能な前後ドア

前後のドアはメッシュに切り替え可能。
虫の侵入を防ぎながら風を通して快適に過ごすことができます。

 ヨンヨンベースのメインの特徴(メッシュに切り替え可能な前後ドア)

 ヨンヨンベースのメインの特徴()

開放感のある内部空間

ポールを4本使用し、一般的な2ポールシェルターと比較し開放感のある内部空間を実現しました。
6人用のスクリーンタープとしても使用可能です。

 ヨンヨンベースのメインの特徴(開放感のある内部空間)

 ヨンヨンベースのメインの特徴()

軽量・コンパクト

薄くて強度のあるナイロン素材を採用し、コンパクトに収納可能。
運搬、保管に場所をとりません。
軽量で扱いやすいシェルターに仕上げました。

 ヨンヨンベースのメインの特徴(軽量・コンパクト)

わかりやすい設営手順

4隅にペグを打ち、ポールを4本立て、後は補強のペグを打つだけで設営が完了します。
より設営を簡単に行えるよう工夫されたガイドリボンが内蔵されています。

 ヨンヨンベースのメインの特徴(わかりやすい設営手順)

6m×6mのサイトに設営可能

ロープをすべて張った状態で6m×6mの区画サイトに収めることができるサイズです。

 ヨンヨンベースのメインの特徴(6m×6mのサイトに設営可能)

耐風テスト

風速基準7等級程度(13.9~17.1m/s)の風を当てる試験を行い合格しています。
※実際に風が強い場合など、安全上のリスクが想定されるような環境下では使用しないでください。
※風がある場合は、テントが破損する前にペグが抜ける可能性が高いため、30cm以上のペグ使用をおすすめします。

Function 製品特徴

主な特徴

 ヨンヨンベースの主な特徴

各部の特徴

 ヨンヨンベースの各部の特徴(日陰面積を広げるキャノピードア)

日陰面積を広げるキャノピードア

ドア部分を別売りのポールで張り出せばタープスペースとして日陰の面積を広げることができます。
※キャノピー用のポール(XP5-507K)・ロープは別途ご用意ください。

 ヨンヨンベースの各部の特徴(ベンチレーター)

ベンチレーター

フルクローズ状態でもテント内の空気を換気することができるベンチレーターが天井付近の左右2箇所に搭載されています。

 ヨンヨンベースの各部の特徴(スカート生地)

スカート生地

スカート生地をつけ、地面と幕体との隙間を減らせるようにデザインしました。
夏場の虫や冬場のすきま風などがテント生地の下から入り込みにくい設計です。

 ヨンヨンベースの各部の特徴(日射しや雨を遮るハーフウィンドウ)

日射しや雨を遮るハーフウィンドウ

ドア部分は半分だけ閉めることができます。蒸し暑い真夏のキャンプでの雨天時など、風は通しつつも日射しや雨を遮りたいときに役立ちます。

 ヨンヨンベースの各部の特徴(ポールが安定するポールカバー)

ポールが安定するポールカバー

ポールの差し込み口はキャップ式になっており組み立てやすく、ポールが安定するよう工夫しています。

 ヨンヨンベースの各部の特徴(デイジーチェーン内蔵)

デイジーチェーン内蔵

入り口にはランタンフックとして使用できるデイジーチェーンが内蔵しています。

 ヨンヨンベースの各部の特徴(ハンガーフック)

ハンガーフック

デイジーチェーンは真ん中で分離できる構造になっており、ポールに添わせてハンガーフックとしても使用可能です。

 ヨンヨンベースの各部の特徴(コンプレッション機能付きキャリーバッグ)

コンプレッション機能付きキャリーバッグ

収納しやすいように大きめのキャリーバッグを付属しています。
コンプレッション機能があるため、簡単に収納しながら、収納サイズを小さく収めることができます。

 ヨンヨンベースの各部の特徴(アルミペグ付属)

アルミペグ付属

コンパクトで固定力に優れたアルミ合金製のペグが標準付属します。

How to use 使い方

組立/設営方法動画

組立/設営方法

 ヨンヨンベースの組立/設営方法

1.テントを広げ、四隅のループをペグで固定します。入り口側のガイドがついているリボンは黄色で色分けされているので一番最初にペグダウンしてください。

 ヨンヨンベースの組立/設営方法

2.ガイドをピンと張るようにすることで正しいペグ位置にペグを打つことができます。

 ヨンヨンベースの組立/設営方法

3.メインポールとサブポールをそれぞれ組み立てます。

 ヨンヨンベースの組立/設営方法

4.内側から4本のポールを入れます。(手前にメインポール2本、奥にサブポール2本)

 ヨンヨンベースの組立/設営方法

5.本体をペグで固定してください。

 ヨンヨンベースの組立/設営方法

6.テントに付属しているロープをペグで固定し、補強してください。※大型のタープは風を受けやすく、野外では急に風が吹く場合があるため、状況によらずロープは必ず張ってください。

 ヨンヨンベースの組立/設営方法

7.雨天時はサブポール側の上部中央部分のロープを張り、テントに雨水が溜まらないように対策をしてください。

Photo 画像

※キャノピー用のポール(XP5-507)・ロープは別途ご用意ください。

Spec スペック

製品サイズ

※ロープの張り方、本体の張り具合により各サイズは変化します。あくまで参考としてサイト設計にご活用ください。
※カンガルーテントS(T2-616-TN),カンガルーテントM(T3-617-TN)については、ポールの土台位置を前後にずらすなど、位置調整することでシェルター内に設置可能です。

 ヨンヨンベースのサイズ画像

スペック

カラー ブラウン
DOD STORE価格
(消費税/送料込)
55,000円
組立サイズ(外寸) (約)W420×D370×H210cm
インナーサイズ インナーテント無し
収納サイズ (約)W50×D24×H27cm
重量(付属品含む) (約)7.0kg
材質 生地:30Dナイロン(シリコンコーティング・PUコーティング)
ポール:アルミ合金
ペグ:アルミ合金
最低耐水圧 3000mm
セット内容 テント生地、サブポール×2本、メインポール×2本、ペグ×15本、ロープ(3m)×3本(※)、ロープ(4m)×2本(※)、キャリーバッグ、コンプレッションベルト×2本、ポール用収納袋、ペグ用収納袋

※テント生地に取り付け済み
JANCODE 4589946147407
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合がありますのでご了承ください。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差がございます。
  • 掲載写真はできる限り実物の色味に近づくように加工・調整しておりますが、
    お客様がお使いのモニターの設定や天候・照明の当たり具合などにより、実物の色味と異なって見えることがございます。
  • テント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。
  • 本製品は軽量生地にシリコンコーティングを施すことで軽量性と強度を両立させた特殊な生地を使用しております。生地の特性上ロゴプリントを内側に施し、外側から透けたロゴが見えるよう設計されております旨予めご了承ください。

バリエーション

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。