販売を終了しました

SOLO TREKKING POLE

オヒトリサマトレッキングポール

TP1-212 TP1-213

オヒトリサマ登山を堪能。超ロング自撮りでソロ充写真が撮れるトレッキングポール。

【販売終了】オヒトリサマトレッキングポール

超ロング自撮り機能やシェルター機能など、オヒトリサマ登山に嬉しい機能を備えたトレッキングポール。周囲に人がいない状況であっても、風景メインのソロ充(ソロでリア充)写真を撮影することができます。

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。
※Amazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

その1."景色>自分"な自撮りが撮れる!

従来の自撮り棒では自分の顔がメインになってしまい、せっかくの雄大な景色を活かすことができませんでしたが、オヒトリサマトレッキングポールの自撮り棒モードでは、最長254cmの超ロング自撮り機能により景色メインのソロ充写真を撮影することができます。

 オヒトリサマトレッキングポールのメインの特徴(その1.

その2.超高い自撮りが撮れる!

オヒトリサマトレッキングポールの自撮り棒モードは、一般的な自撮り棒(30cm程度)に比べ、最長2.54mの超ロングサイズ。だから普段では取れない高い場所から見下ろした自撮り撮影が行えます。また普段撮影できない高い場所の写真も撮影できるので、登れない崖に咲く高山植物や、木の上の野鳥などの撮影にも使用可能です。

 オヒトリサマトレッキングポールのメインの特徴(その2.超高い自撮りが撮れる!)

その3.超高パノラマ撮影ができる!

オヒトリサマトレッキングポールの自撮り棒モードでポールを立ててパノラマ撮影。スマホのパノラマ撮影機能と組合せることで、人や物に遮られることのない360度パノラマ画像を撮影することができます。

 オヒトリサマトレッキングポールのメインの特徴(その3.超高パノラマ撮影ができる!)

その4.集合写真も思いのまま!

最長2.54mの超ロングサイズのオヒトリサマトレッキングポール自撮り棒モードは、登山にかぎらず、旅行やイベント時にも活用できます。超ロングを活かして大人数での集合写真も撮影することができます。

 オヒトリサマトレッキングポールのメインの特徴(その4.集合写真も思いのまま!)

その5.雨が降っても安心!

一人だからこそ備えは万全にしたいもの。ポールのコネクト機能を活かして簡単にシェルターを作り出すことができます。(シェルター生地別売)屋根付きの休憩場所がグループ登山者で埋まっていても安心です。※写真のシェルター生地は オヒトリサマシェルターT1-266(別売) です。

 オヒトリサマトレッキングポールのメインの特徴(その5.雨が降っても安心!)

Function 製品特徴

主な特徴

 オヒトリサマトレッキングポールの主な特徴

各部の特徴

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(超ロング自撮り)

超ロング自撮り

最大254cmの超ロング自撮りが可能。自分の顔メインではなく、風景メインの引いた画像が撮れます。
※スマホのシャッターリモコンは付属していません。市販のリモコン を別途ご用意ください。

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(スマホホルダー)

スマホホルダー

スマホで自撮りを行うための専用ホルダーが付属します。幅57~90mmまで対応するのでほとんど全てのスマホで使うことができます。※iphoneシリーズは全て対応します。

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(シェルター機能)

シェルター機能

別売りの オヒトリサマシェルター を使用すれば、雨の中でも休憩できるスペースをすぐに作りだすことができます。

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(ポールアタッチメント)

ポールアタッチメント

アタッチメントを使い、2本のポールをつなげることで、最長254cmのテントポールになります。オヒトリサマシェルター他、通常のワンポールテントのポールなどとしても使用できます。

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(コンパスグリップ)

コンパスグリップ

道に迷っても方角を知ることのできるコンパスが付いています。

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(一脚機能)

一脚機能

グリップ先端を外すとカメラアダプタが出てきます。一眼レフやデジカメなど、多くの市販カメラに対応し、手ブレを防止します。

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(アンチショックシステム)

アンチショックシステム

スプリングがポールを突いた時の衝撃を和らげ、肩や腕にかかる負荷を軽減します。

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(コンパクト収納)

コンパクト収納

収納時は640mmとコンパクトな長さに収まり、携行や保管の際にも便利なサイズです。

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(超々ジュラルミン(A7075))

超々ジュラルミン(A7075)

超々ジュラルミン素材を使用し、無駄な長さをカットすることで253g/本を実現しました。

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(専用キャリーバッグ)

専用キャリーバッグ

付属品をひとまとめに保管・携行できるキャリーバッグを付属。本体が汚れた場合などに、他の荷物を汚すことなく携行することができます。

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(タングステン(石突))

タングステン(石突)

先端には硬度が高いタングステンを使用。地面をしっかりと捉えることができ、朝露で濡れた草原などでも滑りにくくなります。

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(ラバーパッド)

ラバーパッド

滑り止めの付いたラバー製の保護パッド。装着することで、木道や塗装面などの路面の損傷を防ぎます。

 オヒトリサマトレッキングポールの各部の特徴(スノーバスケット)

スノーバスケット

平地用のスノーシュー(かんじき)のストックとしても使用可能で、雪道を安全に歩行できます。

How to use 使い方

超ロング自撮りのコツ:自撮り棒の持ち方

最長2.54mの超ロング自撮り機能がありますが、ポールを長くすれば長くするほど先端部(スマホ部分)は不安定になり、腕力が必要になります。腕力に自信の無い方や操作に不慣れな場合は、下記の持ち方がおすすめです。
また、ポール自体にシャッター機能はないため、市販のシャッターボタンか、スマホのセルフシャッター機能をお使いください。

オヒトリサマトレッキングポール超ロング自撮りのコツ:自撮り棒の持ち方画像

基本:両手持ち

利き手で棒の末端を持ち、もう一方の手で写真のように棒をサポートします。カメラの向きを調整する際には聞き手で行うと調整しやすくなります。

オヒトリサマトレッキングポール超ロング自撮りのコツ:自撮り棒の持ち方画像

応用:3点持ち

基本の両手持ちに加え、棒の末端をお腹で支える3点持ち。長く棒を伸ばした状態で安定感を生むおススメの持ち方です。

オヒトリサマトレッキングポール超ロング自撮りのコツ:自撮り棒の持ち方画像

応用:ひざ立て持ち

お腹の代わりにひざを用いる、より高い位置から撮影する際におススメの持ち方です。少しかがんだ持ち手の背後に集まれば、集合写真も簡単です。

Photo 画像

TP1-212 (ブラック)

オヒトリサマトレッキングポールTP1-212 (ブラック)の製品画像

TP1-213 (レッド)

オヒトリサマトレッキングポールTP1-213 (レッド)の製品画像

使用の一例

※写真には一部同形状の別製品を使用しています。

 オヒトリサマトレッキングポールの使用の一例

山登りに

軽量かつコンパクト性に優れるため、軽快なトレッキングを楽しむことができます。

 オヒトリサマトレッキングポールの使用の一例

ハイキングに

足の負担を軽減するほか、歩行の安定性が増すため、より安全なハイキングが楽しめます。

 オヒトリサマトレッキングポールの使用の一例

旅行や観光に

コンパスを活用しての観光にも便利で、収納すれば携行にも困りません

 オヒトリサマトレッキングポールの使用の一例

ワンポールテントの設営に

付属のポールアタッチメントを用いれば、 ワンポールテントやシェルター の設営が可能です。

 オヒトリサマトレッキングポールの使用の一例

カメラ一脚として

グリップ先端にカメラを固定することができ、撮影中の手ぶれを軽減することができます。

 オヒトリサマトレッキングポールの使用の一例

コンパスとして

山登り中や旅先でも方角を知ることのできる便利なコンパスを搭載。

 オヒトリサマトレッキングポールの使用の一例

自撮り棒として

付属のスマホホルダーを用いれば、自撮り棒として利用することができます。また付属のポールアタッチメントと併用すれば、最長2.54mの超ロング自撮り棒としてもお使いいただけます。

Spec スペック

製品サイズ

 オヒトリサマトレッキングポールのサイズ画像

スペック

カラー TP1-212: ブラック
TP1-213: レッド
希望小売価格 オープンプライス
サイズ (約)630mm-1260mm(ラバーパッド部除く)
収納サイズ (約)640mm
重量(付属品含む) (約)650g
材質 超々ジュラルミン(A7075)
製品内容 トレッキングポール2本/スノーバスケット2個/ラバーパッド2個/ポールアタッチメント/スマートフォンホルダー/キャリーバッグ
JANCODE TP1-212: 4589946132410
TP1-213: 4589946132427
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • カメラアダプタ ネジサイズ : 1/4-20UNC
  • ポールアタッチメント使用時は、しっかりと固定されていることを確認してからご使用ください。
  • コンパスの使用可能高度 : 10,000m 以下 、 使用可能温度 : -40℃~ 60℃
  • 自分の経験や体力に応じた山に登りましょう。余裕のない一人登山は危険です。
  • 超ロング自撮り機能を使用する際は、ポールが映り込みやすくなります。

【長さ調節ができなくなった場合の対処方法】
下部ポールの固定具が内部で空転している可能性があります。
下部ポールを取り外し、先端の固定具(緑色)を矢印方向に少し回し、可動しやすい状態にしてから下部ポールを取り付けると正常に動作します。
※画像は別シリーズを使用しています。

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。
※Amazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。