NEW
販売中

SHIBARENNA

シバレンナ

Q2-804-SL

しばれる夜に使いたい、暖かさに特化した焚き火台。

シバレンナ Q2-804-SL

うー、しばれんなぁ。

「しばれる」とは北海道の方言で厳しく冷え込むという意味。
そんなしばれる夜に使いたい、暖かさに特化した焚き火台。
ダブルウォールの背面プレートが焚き火の熱を跳ね返し、効率的に前面を温めます。

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

焚き火の熱を効率的に反射するダブルウォール構造

ダブルウォール構造の背面プレートにより、焚き火の熱を効率的に反射します。加えて薪をくべる部分の手前をメッシュにすることで、ダイレクトに焚き火の熱を堪能できます。

 シバレンナのメインの特徴(焚き火の熱を効率的に反射するダブルウォール構造)

 シバレンナのメインの特徴()

熱反射の効率をさらに高める遮熱板

焚き火台の底面に配置した遮熱板は地面へのダメージを軽減するだけでなく、焚き火の熱をより前面に反射する効果があります。

 シバレンナのメインの特徴(熱反射の効率をさらに高める遮熱板)

燃焼効率を高める二次燃焼ホール

ダブルウォール構造の背面プレート上部には二次燃焼を発生させるための穴を配置しています。燃焼効率を高めて、煙を少なくする効果があります。
※片側にしか二次燃焼穴がないため、二次燃焼に特化した「めちゃもえファイヤー」などと比べると、二次燃焼は発生しにくい構造です。

 シバレンナのメインの特徴(燃焼効率を高める二次燃焼ホール)

遮熱板で薪の乾燥も可能 

遮熱板の上に燃やす前の薪を並べておくことで、薪をしっかり乾燥させることができます。
※落ちた灰で乾燥中の薪が燃えないように注意してください。

 シバレンナのメインの特徴(遮熱板で薪の乾燥も可能 )

火起こしや送風が簡単な前面メッシュ 

薪を置く部分がメッシュになっていることで、火起こしや送風を簡単に行うことができます。
※資材のロスを少なくするため、メッシュの方向には縦向き・横向きのものがあります。機能や強度には影響ありません。

 シバレンナのメインの特徴(火起こしや送風が簡単な前面メッシュ )

ゴトク付属で直火調理も可能

小鍋やシェラカップを乗せることのできる専用ゴトクが付属します。ゴトクを乗せた状態でも薪をくべることが可能です。

 シバレンナのメインの特徴(ゴトク付属で直火調理も可能)

Function 製品特徴

主な特徴

 シバレンナの主な特徴

各部の特徴

 シバレンナの各部の特徴(灰が落ちにくい大型灰受け)

灰が落ちにくい大型灰受け

焚き火台底面の遮熱板は灰受けの役割も兼ねます。燃焼部分に対して大きめのサイズにしており、灰が地面に落ちることを軽減します。

 シバレンナの各部の特徴(スリム収納)

スリム収納

折りたたみ構造のため、重量はありますが、薄く収納することができます。

 シバレンナの各部の特徴(専用キャリーバッグ)

専用キャリーバッグ

専用のキャリーバッグが付属します。

How to use 使い方

組立/設営方法

 シバレンナの組立/設営方法

1. 焚き火台本体をコの字に開きます。

 シバレンナの組立/設営方法

2.薪受け部と灰受け皿のフックを焚き火台本体の側面にある三角穴にはめ込みます。

 シバレンナの組立/設営方法

※上図の順番でフックを三角穴にはめ込むと組み立てやすいです。

 シバレンナの組立/設営方法

3. 調理をする際には焚き火台本体の上の溝にゴトクを合わせて置いてください。

 シバレンナの組立/設営方法

4. 焚き火台を移動する際には側面にハンドルを取り付けてください。
※燃焼中や消火直後は焚き火台が高温のため、移動しないでください。

Photo 画像

Spec スペック

製品サイズ

 シバレンナのサイズ画像

スペック

カラー シルバー
希望小売価格 オープンプライス
組立サイズ(外寸) (約)W43×D27cm×H35cm
収納サイズ (約)W53×D6cm×H40cm
重量(付属品含む) (約)5.8kg
材質 ステンレススチール、600Dポリエステル(キャリーバッグ)
静止耐荷重 1kg ※ゴトク部分
付属品 ゴトク、キャリーバッグ
JANCODE 4589946147629
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合がありますのでご了承ください。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差がございます。
  • 掲載写真はできる限り実物の色味に近づくように加工・調整しておりますが、
    お客様がお使いのモニターの設定や天候・照明の当たり具合などにより、実物の色味と異なって見えることがございます。
  • 薪受け部には表裏があり、バーの溶接されている方が表になります。表裏を間違えるとパーツの落下につながるためご注意ください。

※燃焼状況により、下記画像のような歪みが生じます。機能には影響がなく、使用後はほとんどの場合、歪みが小さくなります。予めご了承ください。

※製造工程上、遮熱板や薪受け部の一部に溶接の跡が残っています。予めご了承ください。

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。