販売中

YADOKARI TENT

ヤドカリテント

T6-662-TN

リビングを備えたオールシーズン使える2ルームワンポールテント。

ヤドカリテント(タン) T6-662-TN

テントを立てるだけでタープスペースまで確保できる2ルーム型のビッグワンポールテントです。
クローズ状態で使えることはもちろん、サイドウォールを展開し前方を跳ね上げることにより、インナーテント前に開放感あふれる広いリビングスペースを確保することができます。
また、寒い時期には冷気の侵入を軽減するスカート、夏涼しく冬あたたかいポリコットン素材を採用したインナーテントなど、オールシーズン使いやすい仕様でまとめました。

バリエーション

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

シンプルに建てられるワンポールテント

ペグダウンしたインナーテントの上にフライシートを重ね、内側からポールを立ち上げるだけのシンプルな構造です。

 ヤドカリテントのメインの特徴(シンプルに建てられるワンポールテント)

リビング&寝室が一体型の2ルーム構造

テント一つでリビングと寝室が展開できる2ルームテント。別でタープを準備する必要がないため、設営時間を短縮することができます。
※タープスペース跳ね上げ用のポールは別売りです。画像では ビッグタープポール(XP5-507-WD) を使用しています。

 ヤドカリテントのメインの特徴(リビング&寝室が一体型の2ルーム構造)

開放的なリビングルーム

大きく跳ね上げられるパネルにより、開放的なリビングスペースが完成します。
※タープスペース跳ね上げ用のポールは別売りです。画像では ビッグタープポール(XP5-507-WD) を使用しています。

 ヤドカリテントのメインの特徴(開放的なリビングルーム)

 ヤドカリテントのメインの特徴()

夏は涼しく、冬は暖かいポリコットンインナー

インナーテントはポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡)素材を採用しています。吸湿性と通気性が高いため夏は涼しく、一方で熱を逃しにくい繊維構造により冬は暖かく過ごすことができます。

 ヤドカリテントのメインの特徴(夏は涼しく、冬は暖かいポリコットンインナー)

雨風が吹き込みにくいサイドウォール

フロントのパネルにはサイドウォールを備えており、雨風の侵入を軽減することができます。またプライバシー確保のための目隠しとしても使うことができます。使用しない場合はテント内側に巻き上げておくことができます。

 ヤドカリテントのメインの特徴(雨風が吹き込みにくいサイドウォール)

広々使えるインナーテント

最大6人が寝られるワイドなインナーテント。4~5人の場合はゆったり使える空間が広がります。

 ヤドカリテントのメインの特徴(広々使えるインナーテント)

3方向から出入り可能

3方向からアクセスが出来るDドアを配置。風を取り込みやすく、ドアはメッシュにも切り替えられるので、インナーテント内は日中でも涼しく過ごすことができます。

 ヤドカリテントのメインの特徴(3方向から出入り可能)

Function 製品特徴

主な特徴

 ヤドカリテントの主な特徴

各部の特徴

 ヤドカリテントの各部の特徴(スカート巻き上げ機能)

スカート巻き上げ機能

風によるバタつきを抑えるために、スカートの一部に巻き上げて固定するトグルが付属します。

 ヤドカリテントの各部の特徴(遮光性・耐久性の高い150D生地)

遮光性・耐久性の高い150D生地

150D(デニール)の厚みのある生地を使用しているため、75Dなどの薄い生地と比べて遮光性や耐久性に優れています。

 ヤドカリテントの各部の特徴(雨の日も換気できるリアサイドウォール)

雨の日も換気できるリアサイドウォール

テント前面だけでなくテント後部のドア2箇所にもサイドウォールが付いており、雨の日でも風通しを確保することができます。※別売りのコンパクトタープポール(XP1-630-BK)を使用しています。

 ヤドカリテントの各部の特徴(スカート)

スカート

肌寒い季節のキャンプにおいて、冷気の侵入を軽減するためのスカートが付いています。

 ヤドカリテントの各部の特徴(ベンチレーター)

ベンチレーター

フルクローズ状態でもテント内の空気を換気することが可能です。

 ヤドカリテントの各部の特徴(コンセント用ファスナー)

コンセント用ファスナー

電気機器を使用するためのコンセント用ファスナーが付いています。

 ヤドカリテントの各部の特徴(寝室ポケット)

寝室ポケット

寝室部分の足元にポケットを配置しています。スマホやメガネなど小物収納に便利です。

 ヤドカリテントの各部の特徴(ネイルペグ)

ネイルペグ

強度の高いネイルペグが付属します。

 ヤドカリテントの各部の特徴(ゆったり収納)

ゆったり収納

テントを収納しやすいようにキャリーバッグは大きめに設計しています。

 ヤドカリテントの各部の特徴(噛みにくい出入り口ファスナー)

噛みにくい出入り口ファスナー

ファスナー横にパイピングを入れることにより、ファスナーが生地を噛みにくい構造です。

How to use 使い方

組立/設営方法動画

クローズ状態の設営方法

ヤドカリテントクローズ状態の設営方法画像

1.インナーテントを取り出し地面に広げます。

ヤドカリテントクローズ状態の設営方法画像

2.インナーテントをペグダウンします。点線箇所は必要に応じてペグダウンしてください。

ヤドカリテントクローズ状態の設営方法画像

3.フライシートをインナーテントの上に重ねます。この時にインナーテントとフライシートの正面が同じ面にくるように、フライシートを被せて下さい。

ヤドカリテントクローズ状態の設営方法画像

4.フライシートのループを2.で地面に打ち込んだペグに引っ掛けます。

ヤドカリテントクローズ状態の設営方法画像

5.ポールを組み立て、インナーテントを立ち上げます。

ヤドカリテントクローズ状態の設営方法画像

6.残りのペグを打って、地面にしっかり固定します。

ヤドカリ状態の設営方法

別売りのテント・タープ用ポールを使用し、前方に大きなタープスペースを作ることができます。画像ではビッグタープポール(XP5-507K)を4セット使用しています。

ヤドカリテントヤドカリ状態の設営方法画像

1.クローズ状態のヤドカリテントから、フライシート前方のファスナーを開き、サイドウォールを展開します。

ヤドカリテントヤドカリ状態の設営方法画像

2.前方のグロメットにポール(200cm×2本)を差し込みます。

ヤドカリテントヤドカリ状態の設営方法画像

3.ロープをペグダウンして固定します。

ヤドカリテントヤドカリ状態の設営方法画像

4.先ほどより短めのポール(150cm×2本)をサイドに差し込みます。

ヤドカリテントヤドカリ状態の設営方法画像

5.ロープをペグダウンして完成です。

ヤドカリテントヤドカリ状態の設営方法画像

6.雨天時の風通し確保など必要に応じて、後方2箇所のリアパネルも跳ね上げることもできます。※別途コンパクトタープポール(XP1-630-BK)が必要です。

Photo 画像

Spec スペック

製品サイズ

 ヤドカリテントのサイズ画像

スペック

カラー タン
参考価格(税込) 58,150円
組立サイズ(外寸) (約)W460×D460×H300cm
インナーサイズ (約)W430×D290×H300cm
収納サイズ (約)W70×D32×H32cm
重量(付属品含む) (約)15.7kg
収容可能人数 大人6名
材質 フライシート:150Dポリエステル(PUコーティング)
ポール:スチール
インナーテント:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
フロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
最低耐水圧 フライシート:2000mm
フロア:5000mm
セット内容 フライシート、インナーテント、ポール、ロープ×12本(うち8本はテントに取り付け済)、ペグ×19本、ポール用バッグ、ペグ用バッグ、タイベルト×2本、キャリーバッグ
※タープスペース跳ね上げ用のポールは別売りです。
JANCODE 4580742231338
  • 当社製品はすべてオープン価格となっております。参考価格はお客様が購入検討される場合の目安となるように当社が独自に表記しているものです。そのため、各販売店の実勢価格と前後する場合がございます。あくまで目安としてご理解いただければと存じます。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合がありますのでご了承ください。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差がございます。
  • 掲載写真はできる限り実物の色味に近づくように加工・調整しておりますが、
    お客様がお使いのモニターの設定や天候・照明の当たり具合などにより、実物の色味と異なって見えることがございます。
  • テント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。