販売を終了しました

ULTRA LIGHT RELAX TENT

ウルトラライトリラックステント

T2-165

軽いけどユルい。軽量性と快適性を両立したテント。

【販売終了】ウルトラライトリラックステント

軽量性を追求し初心者には使いづらい登山用テントが多い中、快適性との両立を目指して開発されたテントです。登山・ツーリングのみでなく、大勢で行く野外フェスなど、極力荷物を軽くしたいオートキャンパーにもおすすめです。

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。
※Amazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

軽量性

軽量なナイロン生地・アルミポールを使い、重量を2.6kgに抑えました。登山やツーリングなど、バックパックに入れても負担の軽い重量です。※ペグ・バッグ含め2.8kg。

 ウルトラライトリラックステントのメインの特徴(軽量性)

圧迫感の無い内部空間

魚座型+1フレーム構造により、頭上の内部空間を広くしました。2人が入っても圧迫感の感じにくい構造です。

 ウルトラライトリラックステントのメインの特徴(圧迫感の無い内部空間)

ダブルドア&荷室

2人が快適に使えるように両側にドアと荷室を配置しました。夜中のトイレや荷物の出し入れの際に、パートナーをまたぐ必要がありません。

 ウルトラライトリラックステントのメインの特徴(ダブルドア&荷室)

Function 製品特徴

主な特徴

 ウルトラライトリラックステントの主な特徴

各部の特徴

 ウルトラライトリラックステントの各部の特徴(軽量性)

軽量性

軽量なナイロン生地・アルミポールを使い、重量を2.6kgに抑えました。登山やツーリングなど、バックパックに入れても負担の軽い重量です。※ペグ・バッグ含め2.8kg。

 ウルトラライトリラックステントの各部の特徴(圧迫感の無い内部空間)

圧迫感の無い内部空間

魚座型+1フレーム構造により、頭上の内部空間を広くしました。2人が入っても圧迫感の感じにくい構造です。

 ウルトラライトリラックステントの各部の特徴(ダブルドア&荷室)

ダブルドア&荷室

2人が快適に使えるように両側にドアと荷室を配置しました。夜中のトイレや荷物の出し入れの際に、パートナーをまたぐ必要がありません。

 ウルトラライトリラックステントの各部の特徴(6つのインナーポケット)

6つのインナーポケット

インナーポケットを6箇所に配置。小物をポケットに入れることで、床面積を最大限に活用できます。

 ウルトラライトリラックステントの各部の特徴(カラーリング)

カラーリング

テント設営時に向きが分かりやすいように対角線上にカラーを切り替えています。

 ウルトラライトリラックステントの各部の特徴(ダブルウォール)

ダブルウォール

フライシートとインナーテントのダブルウォール構造のため、テント内部の結露や雨風の侵入を軽減します。

 ウルトラライトリラックステントの各部の特徴(ベンチレーター)

ベンチレーター

テント内部の空気を循環させる大型ベンチレーターをフライシート2箇所に配置しています。

 ウルトラライトリラックステントの各部の特徴(ストームロープ)

ストームロープ

デザイン上のアクセントとなり、視認性も高いイエローのストープロープを採用。

 ウルトラライトリラックステントの各部の特徴(リップストップ加工)

リップストップ加工

全ての生地にリップストップ加工を施しています。通常の生地に比べ破れにくい加工です。

 ウルトラライトリラックステントの各部の特徴(Vペグ)

Vペグ

登山時などにもスタッキングしやすく、軽量なアルミ製V型ペグを付属。

 ウルトラライトリラックステントの各部の特徴(アルマイト加工)

アルマイト加工

ポールとペグには重量を増加させることなく美しい着色が可能なアルマイト加工を採用。視認性向上にも貢献します。

 ウルトラライトリラックステントの各部の特徴(キャリーバッグ)

キャリーバッグ

テントを入れる専用キャリーバッグが付属。長さ48cm×直径13cmほどの大きさに収納可能です。

How to use 使い方

組立/設営方法

 ウルトラライトリラックステントの組立/設営方法

1.キャンプサイトにてインナーテントを広げます。

 ウルトラライトリラックステントの組立/設営方法

2.インナーテント四隅のハトメにメインポール先端を差し込みます。

 ウルトラライトリラックステントの組立/設営方法

3.インナーテントに付いているフックをメインポールに固定します。

 ウルトラライトリラックステントの組立/設営方法

4.メインポールが交差する2ヶ所は、インナーテントのトグルで固定します。

 ウルトラライトリラックステントの組立/設営方法

5.センターポールを取り出し、インナーテント入口頂点部のハトメ2ヶ所に差し込みます。

 ウルトラライトリラックステントの組立/設営方法

6.フライシートをインナーテントにかけて、四隅をバックルで固定します。

Photo 画像

ウルトラライトリラックステントの製品画像

アウターテント装着

ウルトラライトリラックステントの製品画像

インナーテント単

Spec スペック

製品サイズ

 ウルトラライトリラックステントのサイズ画像

スペック

カラー パープル
希望小売価格 オープンプライス
組立サイズ(外寸) (約)W2240 × D3250 × H1000mm
インナーサイズ (約)W2180 × D1330 × H900mm
収納サイズ (約)480×直径130mm
重量(付属品含む) (約)2.8kg
収容可能人数 大人2名
最低耐水圧 2000mm
材質 ポール:7001アルミニウム
生地:ナイロンリップストップ
付属品 ペグ、ストームロープ、キャリーバッグ、取扱説明書
JANCODE 4582474892047
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • テント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。
  • 重量2.6kgはキャリーバッグ・ペグを含まない重量です。