NEW
販売中

CARBON MONOXIDE CHECKER 2

キャンプ用一酸化炭素チェッカー2

CG1-559-BK

日本製の高感度センサー搭載。キャンプのためのアウトドア用一酸化炭素警報器。

キャンプ用一酸化炭素チェッカー2(ブラック) CG1-559-BK

DODの一酸化炭素チェッカーは少し高い。
ちょっと良いセンサーが入ってるから感度が良いだけ。ポケットに入れられるくらいコンパクトなだけ。本当に必要なときだけにアラームが鳴る優しさがあるだけ。テントからぶら下げやすいだけ。
ただキャンプで使いやすいように考えられてるだけなんです。

バリエーション

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

高品質・高感度な日本製センサー

一酸化炭素を検知するセンサーは高品質な日本製を採用しました。優れた検知能力で一酸化炭素の発生を素早く察知し、一酸化炭素の濃度レベルを知らせます。

 キャンプ用一酸化炭素チェッカー2のメインの特徴(高品質・高感度な日本製センサー)

優れた電気化学式センサー

雨の多い日本のキャンプシーンを想定し、湿度の高い環境でも安定した検知ができる電気化学式という方法で一酸化炭素濃度を検知します。とりわけ動作安定性が高く工業用検知器に使われることが多い三電極(三極セル)方式という動作方式を取り入れています。

 キャンプ用一酸化炭素チェッカー2のメインの特徴(優れた電気化学式センサー)

コンパクト設計

手のひらにすっぽり収まるコンパクトサイズで、ポケットに入れて気軽にキャンプに持ち運べます。

 キャンプ用一酸化炭素チェッカー2のメインの特徴(コンパクト設計)

マニュアルタグ

「どうやって使うの」「数値はどう読み取ればいいの」、そんな疑問は製品に取り付けられたタグでどんなときでも確認ができます。

 キャンプ用一酸化炭素チェッカー2のメインの特徴(マニュアルタグ)

カラビナストラップ

テントやタープ内のランタンフックにかけやすいカラビナストラップ付きです。

 キャンプ用一酸化炭素チェッカー2のメインの特徴(カラビナストラップ)

数値の表示スピード向上

前回モデル(CG1-47)と比較して数値の表示スピードが早くなりました。よりリアルタイムな計測が可能となります。
※別カラー製品(CG1-559)です。


Function 製品特徴

主な特徴

 キャンプ用一酸化炭素チェッカー2の主な特徴

各部の特徴

 キャンプ用一酸化炭素チェッカー2の各部の特徴(省エネ仕様)

省エネ仕様

キャンプ用一酸化炭素チェッカーが採用する電気化学式ガスセンサーは、検知動作自体に電力を消費しない(※)省エネ仕様です。使用状況・警告動作の頻度により異なりますが電池交換は約1年に1回程度でOKです。
※液晶表示やアラームには電力を消費します。

 キャンプ用一酸化炭素チェッカー2の各部の特徴(優れた耐久性)

優れた耐久性

アウトドアでの使用を考慮し、落下、振動、衝撃に強いセンサーを採用しています。

 キャンプ用一酸化炭素チェッカー2の各部の特徴(液晶ディスプレイ)

液晶ディスプレイ

一酸化炭素の濃度レベルや本体の電池残量がひと目で分かるLCDディスプレイを採用しています。

 キャンプ用一酸化炭素チェッカー2の各部の特徴(簡単操作)

簡単操作

一酸化炭素チェッカーの操作は簡単。電源ボタンの「長押し」で電源をON/OFFを切替えるだけ。ON状態で自動的に一酸化炭素濃度の測定を開始します。移動中などの誤操作を防ぎ省電力にも貢献します。

 キャンプ用一酸化炭素チェッカー2の各部の特徴(最高値ppmの記録・表示)

最高値ppmの記録・表示

キャンプ中に計測した一酸化炭素濃度の最高値を記録・表示できる機能を搭載。キャンプ中のCO検知状況を振り返ることで次回のキャンプへの備えにつなげられます。

How to use 使い方

3段階の警報パターン紹介動画

※撮影モデルは前回モデル(CG1-478)のため、仕様は若干異なります。

FAQ(よくあるご質問)

Q1. 電源が入らない

本製品にはテスター電池が入っています。はじめてご使用する際は必ず新しい電池(市販品)をセットしてください。当製品は製造時に動作確認を行っており、その際のテスト用電池が付属されています。ただこの付属電池はお手元に到着するまでに放電してしまい、残量が無く電源が入らない場合があります。

Q2. 電源を入れた直後に数値が急上昇する

常に正しい数値を検知するため、当製品には自動校正機能を備えています。そのため電源を入れた直後にセンサーが自動校正に入り一時的に表示される数値が上昇する場合がございます。電源を入れてから5、6分ほど放置すると解消されます。それでも解消されない場合は以下をお試しください。
・センサー部分にエアダスター等を噴射し本体内部に溜まった空気を取り除く。
・十分な電池残量のある新品の電池に交換する。
・空気の綺麗な場所へ移動し、電池を一度抜いて再起動する。

Q3. 電源を入れても数値が変化しない

長時間電池を抜いた状態が続くと、センサーが正しく起動しない場合があります。電源を入れてから5、6分ほど放置すると解消されます。または、電池を一度抜いてから再起動することで解消する場合があります。

Q4. バッテリーマークが常に点滅する

電池残量が不足するとバッテリーマークが点滅します。十分な電池残量のある電池を2個セットしてください。新品の電池であったとしても十分な電池残量でない場合がありますので、電池チェッカー(別売り)で電池残量を確認してください。

Q5. 正常に動作するかを確認したい

一酸化炭素中毒の恐れがあるため屋外など空気がよく循環する場所でおこなってください。確認の際には十分にお気を付けください。
(一酸化炭素が排出されるもの一例)自動車の排ガス、タバコの煙、火を熾した炭など

Q6. 本体にキズがある

工場出荷の段階で本体の表面、裏面ともにキズ防止用フィルムを貼り付けております。フィルムを剥がしていただくと綺麗な状態でご使用頂けます。

キャンプ用一酸化炭素チェッカー2FAQ(よくあるご質問)画像

操作方法

キャンプ用一酸化炭素チェッカー2操作方法画像

1.電源ボタンを長押しすることで、本体が起動します。起動後約3分間は「CAL」と表示されるので、その間は綺麗な空気中に放置してください。

キャンプ用一酸化炭素チェッカー2操作方法画像

2.約3分経過すると起動音がなり、液晶に数値が表示されます。この時点から空気中の一酸化炭素濃度を自動で測定します。

キャンプ用一酸化炭素チェッカー2操作方法画像

アラーム作動範囲とPPMの目安

一酸化炭素を検知すると、液晶部分に数値が表示されます。規定値を超えた一酸化炭素を5分以上検知し続けると、検知ライトの点滅やアラーム音による警告が上記基準のとおり行われます。

Photo 画像

Spec スペック

製品サイズ

 キャンプ用一酸化炭素チェッカー2のサイズ画像

スペック

カラー ブラック
DOD STORE価格
(消費税/送料込)
15,400円
サイズ (約)W4.6×D1.5×H7.2cm
重量(付属品含む) (約)65g
材質 ABS樹脂、アルミ合金
電源 CR2032×2個
※テスター電池を同梱していますが、ご自身で新品電池をご用意ください。
セット内容 本体、カラビナストラップ、マニュアルタグ
その他特徴 動作温度 :-5℃~50℃
動作湿度 :15~90%RH
測定範囲 :0~999ppm
長期安定性:5%以内/年
再現性  :±2%
原産国  :中国(センサーは日本製)
JANCODE 4580742230577
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合がありますのでご了承ください。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差がございます。
  • 掲載写真はできる限り実物の色味に近づくように加工・調整しておりますが、
    お客様がお使いのモニターの設定や天候・照明の当たり具合などにより、実物の色味と異なって見えることがございます。
  • 本製品による測定結果は、公や業務上の取引証明用としてはご利用いただけません。
  • 本製品はその測定結果、及びその利用による結果を保証するものではありません。
  • 内蔵センサーの寿命は5年です。経年により検知機能が低下するため、必ず本体ごと買い換えてください。
  • 本製品はテントや自動車内における火気の使用を助長するものではありません。また本製品の使用による事故についての責任は一切負いかねますのでご了承ください。

バリエーション

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

RECOMMENDED PRODUCTS おすすめ製品

    おすすめ製品はありません。