SUPPORT

サポート

よくあるご質問(回答)

Q.縫い目やトグル・ループ部分などからの雨漏りにはどう対処すれば良いですか?

A .

A.シームシール剤での目止め処理が対策として有効です。

 

一部の生地を除き、多くのテントやタープの生地は防水コーティングが施しており、生地自体には耐水性があります。

しかし、縫製物であるため縫い目や接続部分には穴や糸が通っており、その部分を通じて浸水する場合があります。

 

それら縫い目の耐水性を補うため、可能な限り製造時にシームテープを施してはいるものの、遮る能力にも限界があり、また構造的にテープ自体を施せない箇所もあります。

またシームテープ自体も消耗品であるため保管している間も日々劣化が進みます。

 

そのため、そのままでは雨天時に浸水してしまう場合があるため、縫い目や吊り下げ用のフックやループなど生地の接続箇所には、

試し張りの際に目止め処理を行うことを推奨しております。

 

弊社では特に指定のシームシール剤はありませんが、主にキャンプ用品店でお取り扱いがあります。

 

〈参考〉

テント用シームシーラー

問題が解決しない場合は・・・
(お問い合わせ・ご質問・修理のご相談など)