OKRA TARP

オクラタープ

TT8-583-TN

張り方自由自在の超大型ポリコットンタープ。

NEW
販売中

ポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡生地)を使用した5.1×5.1mの超大型タープテントです。8ヶ所の全ての角にポールとグロメットを付けることができるため、状況に応じて自由自在に張ることができます。
流線型で風を受け流し、ロープを張る場所もヘキサタープより多いオクタゴン型のため、大型タープテントながら耐風性に優れています。

この製品のご購入はこちらから

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

濃い影で涼しく、燃えにくいポリコットン生地

厚みのあるポリコットン生地を使用しているため、濃い影を作り出し、夏場のキャンプでも涼しく過ごすことができるタープテントです。また、ポリエステルやナイロンと異なり、コットンを使用していることで火の粉があたっても穴が空きにくくなっています。

 オクラタープ 主な特徴

張り方自由自在。5.1×5.1mの超大型オクタゴンタープ

5.1×5.1mの超大型タープテントで大人数のキャンプにも対応します。8ヶ所の全ての角にポールとグロメットを付けることができるため、状況に応じて自由自在に張ることができます。

 オクラタープ 主な特徴

レクタタープやヘキサタープと比べて優れた耐風性

風の抵抗を抑える流線型で、ヘキサタープよりも多くの箇所にペグダウンできるオクタゴン型のため、大型サイズのタープテントとしては高い耐風性を確保しています。
※通常サイズのタープテントと比べると風の抵抗は大きいため、強風時には使用しないでください。

 オクラタープ 主な特徴

カマボコテントをより快適にするオクラカマスタイル

別売りのカマボコテントに接続することで、カマボコテントのタープスペースがさらに広がり、日陰を濃くして、結露を防止する機能もあります。
※雨天時にはオクラタープ後ろ側にもタープポールを入れて、オクラタープとカマボコテントが接触しないように設営してください。雨を大量に吸い込んだ場合、オクラタープが重くなり、カマボコテントのフレーム破損につながります。

 オクラタープ 主な特徴

Function 製品特徴

主な特徴

 オクラタープ 主な特徴画像

各部の特徴

 オクラタープ 各部特徴画像

コンパクトな収納サイズ

専用キャリーバッグ付きで、5.1m×5.1mのタープテントが入っているとは思えないほどコンパクトに収納できます。 ※ポール、ペグは付属しません。

 オクラタープ 各部特徴画像

アクセサリー

直径4mmのロープとアルミアジャスターが付属します。

How to use 使い方

基本的な設営方法

オクラタープ基本的な設営方法画像

1.タープ本体を地面の上に広げます。

オクラタープ基本的な設営方法画像

2.対角線上にポール2本をグロメット(穴)2ヶ所に差込みます。

オクラタープ基本的な設営方法画像

3.2ヶ所のグロメットから出たポールの先端に、ロープ(長)を2本ずつ引っ掛けます。

オクラタープ基本的な設営方法画像

4.2股に分かれたロープ(長)をポールを中心に45度ほど開き、ペグを打ちます。

オクラタープ基本的な設営方法画像

5.ポールを立てます。ロープ(長)の長さを調節しながら、適度なテンションに調節してください。

オクラタープ基本的な設営方法画像

6.残りのグロメット6ヶ所にロープ(短)を通して適度に張り、ペグを打ち込みます。適度なテンションがかかるようにロープの長さやポールの角度を調整してください。

Photo 画像

製品画像

※ポールは別売りです。

Spec スペック

製品サイズ

 オクラタープ サイズ画像

スペック

カラー タン
希望小売価格 オープンプライス
サイズ (約)W510×D510cm
収納サイズ (約)W61×D18×H18cm
重量(付属品含む) (約)4.2kg
最低耐水圧 350mm
材質 ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
付属品 ロープ、キャリーバッグ
JANCODE 4589946139280
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • テント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。
  • 本製品に使用されているポリコットン生地は、防水コーティングされたポリエステル生地などとは異なり、水分を吸収した際に綿素材が膨張し、雨漏りを防ぐ構造です。そのため、張り方が弱いときや、長時間の雨に濡れた際には内部に雨漏りする場合があります。また、濡れたまま保管をすると科学繊維に比べてカビが生じやすいためご注意ください。
  • ポール、ペグは付属しませんのでご注意ください。